合同礼拝

2016年 1月31日 リコンサイリングサンデー

THE WESLEY WELCOME ウェスレー教会のおもてなし
Louie Lu
I work for an internet company that prides itself on unhackable security. As such, the same is expected for my work password. “wpfac2gether” became my login password after getting married in late 2014. It stands for “we pray for a church together” and every time I type this into my computer, it’s like saying a small prayer to God to help us find a church community where we can both feel connected and welcomed. Like any newlyweds looking for a new church to settle down, the process could be likened to online dating. While finding an online profile that looks charming, friendly, and grounded is easy; it leading to a match in person is…non-trivial. As visitors we feel like rookies on our first date, while the churches we visit are like veterans of online dating. Its hard to know if we should “make it official” after first 3 dates or start over with another church. And if that’s not complicated enough, being a gay couple dramatically limits our suitors. Thus needless to say, I thought I would have this password for a while.
私は現在侵略不可能なセキュリティを開発しているインターネット関連の会社で働いています。その為、私の仕事でのパスワードも同じようなセキュリティが要求されています。2014年に結婚した後、“wpfac2gether” を会社のシステムにログインする時のパスワードにしました。それは “we pray for a church together” (教会が見つかるように共に祈ろう)、を短くしたものです。このパスワードをコンピューターに打ち込むたびに、私たち二人を迎え入れ、メンバーとして連なりあえる教会が見つかりますように、と小さな祈りを神様に捧げるようにしていました。落ち着くことができる教会を探すどの新婚のカップルも経験するように、このプロセスはインターネットで相手を見つけるデートサービスによく似ています。紹介記事だけ見ていると魅力的で友好的でしっかりした相手を見つけるのは簡単なのですが、そこから実際のカップルになれるというのは、実はとても稀なのです。選んだ教会を初めて訪れる時は、私たちにとっては初めてのデートのようなものなのですが、教会の方はまるでその道のベテランのように見えてしまいます。そして3回目のデートの後でその教会に決めるべきなのか、それとも別の教会でまた一からやり直すべきなのか、その判断はとても難しいのです。しかもその上に、ゲイのカップルであれば、候補となる教会はおのずと限られてしまいます。言うまでもありませんが、私はこのパスワードを当分の間は使い続けることができると思っていました。
Prior to getting married, I was part of a church that prides itself on fighting for social justice. Unfortunately I later found out equal rights for LGBTQ people didn’t fall under the Church’s social justice mission. While some of my former pastors had intolerant attitude on this issue, it didn’t stop me from worshipping and making some wonderful friends there (some of whom are here today). Although at times it was lonely being the only out and self-affirming gay man. When things were getting serious between me and my fiancé, I realized the transition into marriage means we’ll have to find a gay affirming church to set down roots together. And that became our new year’s resolution for 2015.
結婚する前、私は社会正義を守る闘争を自負する教会に属していました。しかし残念ながら、LGBTQの人々の人権はその教会の「社会正義」の範疇には含まれていないことにやがて気がつきました。その教会の牧師たちの何人かは、この問題について我慢できないような態度をとっていたのですが、それでも私はその教会の礼拝に出席し、幾人もの素晴らしい友人を得ることができました。そのうちの何人かは今日この礼拝に来てくれています。尤も、自覚を持ったただ一人のゲイの男性として、時には寂しく感じる時もありました。でも私と婚約者の関係が真剣になるにつれて、結婚に至るということは、ゲイを受け入れ共に落ち着くことができる教会を見つけることが必要だということに気がついたのです。そしてそのことが私たちの2015年の新年の抱負となりました。
I had heard about Wesley, but never visited. On our first visit, two things stood out to me:
1. Many of the folks here have been here for a while, some longer than my existence on earth; but
amazingly they still love each other and are closely knit.
2. Folks here were very welcoming and quickly made us feel a sense of belonging despite our
differences.
I fortuitously ran into my friend Doug and he warmly welcomed and introduced us to many of his
friends. Instead of fading away after fellowship, we were greeted by warm welcomes and tasty snacks.
ウェスレー教会のことは聞いてはいたのですが、それまで訪れたことはありませんでした。初めて来た日、二つのことがとても大きな印象として残ったのです。
1. 会衆の多くがこの教会に古くから連なる人たちであり、中には私がこの世に存在していたよりも長い間教会に関わってきた人たちもいること。しかも驚きべきことには、そうした人たちが今もなお互いに愛しあい、親密な関係を築いていること。
2. 人々が私たちをすぐに受け入れ、違いがあるにも拘わらず、ここが私たちの教会と感じることができたこと。
私は偶然にも友人であるダグに出会ったのですが、彼は私たちを温かく歓迎してくれ、ここでの彼の多くの友達に紹介してくれました。礼拝後の挨拶の後で静かに消えてしまうのでなく、私たちは温かい歓迎と美味しいスナックのおもてなしを受けたのです。
I would say what sealed the deal for Jose and I was our experience at Family Camp last summer. Though it may not seem like much, it was a big step of faith for us to spend an entire weekend with a bunch of people we didn’t know. And yet, we felt this sense of belonging from the moment we arrived to the moment we packed up. I can’t really put my finger on one particular thing but to name a few: we had a cabin prepared for us before we arrived; we had the master fishing guru Steve at our camp who helped us with our first catch the next day; even though many in our camp have been going together for decades, they showered us, the new kids on the block, with delicious home-made munchies, heart-felt conversations and epic stories from the past; we made new friends over hearty meals, beautiful hikes, fun and games; and most importantly, the camp belonged to my alma mater. What is there not to like?
That weekend was like a divine provision where God affirmed us that he had prepared a home at Westley for us. So over the next couple of months, I plugged in and started to help out several ministries that are close to my heart. As 2015 came to a close, God answered my prayer for a church home for Jose and I and we became members here. And even though I’ve changed my password since, I still hold “wpfac2gether” as a prayer in my heart, but replaced the C for church with C for child. We look forward to growing our family here at Wesley like many before us; and hope to extend the same hospitality to others. Thank you.


でも、ホセと私にとって決定的な出来事は、去年の夏に参加したファミリーキャンプでの経験でした。些細なことに見えるかもしれませんが、私たちとっては、全く知らない人々と週末を一緒に過ごすなんて、とても大きな決心が必要だったのです。それでも、キャンプ場に着いた瞬間から帰るために荷物をまとめる瞬間まで、私たちは「私の教会」という気持ちをずっと感じていることができました。その理由を何一つこれと言ってはっきりとはお話しできないのですが、思いつくことの幾つかを挙げてみます。まず、私たちが到着する前に、私たちのキャビンが既に準備されていたこと、翌日には魚釣りの伝説的な名人であるスティーブ・タブチが、私たちが初めて魚を釣るのを手伝ってくれたこと、多くの人達がこのキャンプにそれこそ何十年も来ているのに、まるで新入りの私たちに美味しい手作りのスナックや心温まる会話、そして壮大な昔話をシェアしてくれたこと、ボリューム感満点の食事、綺麗な景色のハイキング、楽しいゲームを通して新しい友達ができたこと、そして最も大事なことには、このキャンプ場が私の母校である
UCバークレーの施設だったこと。これではこのキャンプを好きになれないはずがありません。この週末は、神様が私たちの為にウェスレーに居場所を備えてくださっていたことを私たちが信じることができるようになるための贈り物だったのです。以来2か月の間、私は教会との関わりを深め、私にとって大切な様々なミッションに参加するようになりました。2015年も終わりを迎える頃、神様はホゼと私の家となる教会を求める祈りに答えてくださり、私たちはこのウェスレーの会員となりました。以来、私は会社でのパスワードを変えたのですが、今も“wpfac2gether”を心の中の祈りとして大切にしています。ただ、これまでChurch(教会)のCだったのが、今はChild(子供)のCになりました。私たちはこれまで多くの先輩たちがそうしたように、このウェスレー教会で家族を育てていきたいと願っています。そして私たちが受けたのと同じおもてなし(Hospitality)の心を隣人たちに伝えていきたいと思うのです。


WORDS OF PERSEVERANCE 忍耐という言葉

Doug Clark


Let me start with a quote from Romans 12, verses 9~12 from my Revised Standard Version
Bible.
まず、新約聖書のローマの信徒への手紙第12章9節から12節を読むことから始めさせてください。
“Let love be genuine; hate what is evil, hold fast to what is good; love one another with brotherly affection; outdo one another in showing honor. Never flag in zeal, be aglow with the Spirit, serve the Lord. Rejoice in your hope, be patient in tribulation, be constant in prayer.”
9 愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、10 兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。11 怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。12 希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。
I needed to persevere because when I first came to Wesley about 19 years ago, it seemed
Wesley was a church addressing many needs but not the issue of LGBT inclusion in the United
Methodist Church.
私のウェスレーでの教会生活は必ずしも平坦なものではものではありませんでした。19年前に初めてウェスレーに来た時、この教会は様々な社会問題に立ち向かっていたのですが、でもメソジスト教会がLGBTの人々を受け入れていない、という問題についてはほとんど無関心であるように感じたのです。
The then pastor and student pastor spoke about the church being for everybody, but as I was learning as a graduate student in teaching at San Francisco State University, one needs to be explicit in instructions and meaning. I knew other United Methodist congregations were tackling the issue of inclusion head on, and so I was confused.
当時の主任牧師と神学生は「全ての人々に開かれた教会」について語っていたのですが、サンフランシスコ州立大学の大学院で教育学を専攻していた私は、教えていることと、それが本当に意味することについて極めて明確でなければならないと学んでいました。このLGBTの問題に真剣に取り組んでいるメソジスト教会が数多く存在することを知っていた私は、このことで随分思い悩んだのです。
What did “everybody” mean when at that time the New York Times and other newspapers the had story of the Rev. Jimmy Creech at the First United Methodist Church of Omaha, who was in trouble for his support of lesbians and gays in his church. I thought it was strange that as the UMC was undergoing a struggle over these issues and Rev. Creech was being put on trial for his support, we at Wesley didn’t mention anything about Creech’s trial and the schism it was causing.
「全ての人々」とは一体どういう意味なのでしょうか。当時、ニューヨークタイムズを初めとして多くの新聞が、オマハのファースト合同メソジスト教会のジミー・クリーチ牧師がレスビアンやゲイの人々をサポートしたために困難な状況に陥っている、と報じていたのです。合同メソジスト教会がこのLGBTの問題について思い悩んでいる時、そしてクリーチ牧師が裁判にかけられている時、私たちウェスレー教会ではその裁判についても、更にはその裁判がメソジスト教会を二分していることにも全く触れることはありませんでした。
I left Wesley and at the urging of Methodist pastor Lloyd Wake became involved with the Pacific Asian Center for Theology and Strategy at the Pacific School of Religion in Berkeley. Through this work I got to know the community at the Presbyterian Church in Chinatown, whose support has been so helpful to me. Later, during Doug Norris’s time here at Wesley, I met Ernie Murata and Barbara Hiura at an East Bay event related to churches and LGBT issues, and they both urged me to return.
私はウェスレーを去り、同じメソジストのロイド・ワケ牧師の勧めによってバークレーにある太平洋神学校のThe Pacific Asian Center for Theology and Strategy (太平洋・アジアの神学及び方法論研究所)と関わるようになりました。このことを通してチャイナタウン長老派教会に連なるようになり、その教会での支援は私にとって大きな支えとなったのです。その後、ダグ・ノリス牧師がウェスレーに居られた時、イースト・ベイでの教会とLGBTに関するイベントでアーニー・ムラタとバーバラ・ヒウラに会い、二人の強い勧めでウェスレーに戻ってきました。
So it’s important to recall this passage from Romans and to be patient in tribulation. We can change and make a better church. It’s not always a rapid process, but we will continue to strive for a better, more inclusive future.
ここで、先ほどのローマ書からの一節を思い出し、苦難の中にあって忍耐することの大切さを思います。私たちは教会を変え、より良くすることができるのです。それは必ずしも速やかな歩みではないかもしれませんが、更に多くの人々を受け入れることができる開かれた未来に向かって、これからも歩み続けていきたいと思います。

 

WHAT IT MEANS TO BE AN ALLY 仲間になるということの意味

Emily Chou

Hello! My name is Emily Chou, and I am part of MYF (the high school youth group) here at Wesley. I am a senior in high school and have been a member of our church’s Reconciling Committee since fall 2013. Today I am going to share with you what being an ally of the LGBTQ community means to me.
こんにちは! 私の名前はエミリー・チョウです。ここウェスレー教会の高校生のユースグループであるMYFのメンバーです。私はハイスクールのシニアで、2013年の秋からこの教会のリコンサイリング・コミッティーの一員として仕えてきました。今日はLGBTQのコミュニティの仲間(味方)であるということがどういうものであるか、ということをお話ししたいと思います。
When I was in seventh grade, I was part of choir at my school, and through that came my introduction to my school’s theatre community. In choir, I became friends with a boy about three years older than me, and after around a year of friendship, he messaged me a poem that he had written about his sexuality. I felt honored that he trusted me enough to reveal such a personal aspect of his life. Now, I’ve grown up in a time that is generally more accepting of those who identify as LGBTQ, so it wasn’t as big of a shock to me; openly identifying myself as an ally of the LGBTQ community seemed like the most obvious choice. But it was still something I was learning about. Since then, I’ve made a number of close friends, some of which identify as part of the LGBTQ community, and our friendship hasn’t changed because of it. It simply opened my eyes and broadened my understanding of our similarities and differences.
7年生の時、私は学校の聖歌隊のメンバーでした。そしてその活動を通して学校の演劇のコミュニティにも繋がりができました。聖歌隊では私より3歳年上の男子と友達になったのですが、でも一年ほど経って、彼は自分の性的指向について書いた詩を送ってきてくれたのです。彼がそうした個人的なことを話してくれるほどに私を信頼してくれている、ということを私はとても嬉しく思いました。LGBTQであることを自認する人々に対し一般的により寛容になりつつある今日の社会で育った私には、彼の告白は特に大きなショックではなかったのです。LGBTQコミュニティの仲間であることを自他ともに認めることは、まるで当たり前のことのように思えました。でもその時は、まだこのことについて学んでいる途中でした。以来、私は多くの親しい友人を得たのですが、その中にはLGBTQのコミュニティに属する人たちもいました。でもそのことが私たちの友情に影響を及ぼすことはありませんでした。ただ、私の目を開き、私たちの共通点や相違点についての理解をより深く広いものにしてくれたのです。
Growing up in the church, I’ve been taught since I was a toddler that to truly love God is to spread His love to others. Because of this, I felt that being an ally to the LGBTQ community and those that share my faith was to represent God’s unconditional love for each and every person, regardless of sexuality, gender, race, or any other variation among different groups of people. I’ve found that in being accepting toward everyone, no matter their sexuality, I’ve introduced them to our kind of faith in God that is rarer than we would like it to be. I’ve been able to show my LGBTQ friends that God doesn’t discriminate against His children, because we are all created in His image. I’ve been able to proudly tell them about my church, and our strong belief and declaration that all people are welcome here. I’ve been able to offer them unconditional support by showing them that they shouldn’t feel afraid or ashamed to be themselves, because to be surrounded by God’s people is to be surrounded by people that allow them to be themselves in their truest form. We are all equal in the eyes of the Lord, and to judge another person based on something that makes them unique or different from us is to assume that we are more worthy than they, and that we have the wisdom and judgment that only God has.
教会で育った私は、神様を真に愛するということは、神様の愛を他の人々に広げていくことだと教えられていました。このため、LGBTQのコミュニティの仲間になり、また私と同じ信仰を持つ人々の仲間となるということは、全ての人ひとりひとりへの神様の無条件の愛を示すことだと思ったのです。そしてその愛は性的指向、性別、人種、またその他のどのような区分にも無関係なのです。どのような性的指向にも拘わらず全ての人々を受け入れることが、私たちのような信仰に、そしてその信仰は私たちが願っているよりも実は稀なのですが、人々を導くことになる、ということに気が付きました。私のLGBTQの友人に、神様はご自分の姿に似せて私たちを創られたのだから、ご自分の子である私たちを差別することは決してない、と伝えることができました。そして私の教会のこと、そして全ての人を喜んで迎え入れるという私たちの固い信念と宣言について、誇りをもって話すことができました。自分自身であることを恐れることも恥ずかしがることもない、と言って無条件の支援を捧げることもできました。何故なら、神の子たちの中にいるということは、それぞれが真実の姿でいることができる人々の中にいる、ということだからです。主にあっては、私たちは全て平等です。そして他の人が自分と違っているから、といって裁くことは、自分たちがより立派な人間であると思い、神様だけがお持ちのはずの知恵や審判を自分も持っていると思いこむことなのです。
To be an ally is to simply love our neighbors without exception. It is to provide a safe space for our brothers and sisters to be themselves unapologetically. It is to be an advocate for their rights, happiness, safety, and freedom in a world that tries to diminish their voice. It is to show them the love and acceptance we are freely granted simply for identifying as straight. It is to lead by example and to care more about their character than the sex of the person they love. It is to treat them the way you would treat anyone else while challenging the prejudice that is still too present in our society.
仲間であるということは、自分の隣人を例外なく愛する、ということに他なりません。私たちの兄弟姉妹に当然のこととして安全な場所を備える、ということです。そしてその隣人たちの声をかき消そうとしている社会の中で、彼らの人権や幸福、安全、そして自由の担い手となることなのです。私たちが単に異性愛者だというだけで当たり前のように享受している愛と受容を彼らとも共有することです。そしてそのことを身をもって示し、その人が愛している人の性別ではなく、その人の人格を大切にすることです。身近にいる人々と接するのと同じように全ての隣人と接し、私たちの社会に今も根強く残っている偏見と闘っていくことなのです。
To me, being an ally of the LGBTQ community is to believe in the power of love, especially God’s love, above everything else
私にとってLGBTQのコミュニティの仲間になることは、愛の力、中でも神様の愛の力を他のどのようなことにも増して信じることなのです。


THE SUPPORT OF A CHURCH FAMILY教会の家族の支え
Sarah Hasegawa & Melissa Duval


If, ten years ago, Wesley UMC had decided to become a reconciling church, I would have seen, heard, and rejoiced in it as a welcome and inspiring act of love and equality.
もしも10年前にウェスレー教会がリコンサイリング教会(和解の会衆)になっていれば、その時私はただ素晴らしく心が躍るような愛と平等の行いの印としてその出来事を理解し、耳を傾け、そして喜んだことでしょう。
But Wesley's decision has ended up holding a much more personal meaning than that, in a way that my self of ten years ago would not have been able to predict.
でも今では、そのウェスレーの決断は10年前の私では考えられなかったほど深い個人的な意味を持つことになったのです。
Seven years ago, Melissa and I became a couple. Knowing how important Wesley was to me and to my family, she made the effort to come to church with me and to learn about the place and the people I considered my second home. I introduced her to the Sunday School teachers, the Girl Scout leaders, the church camp counselors, the adopted aunties and uncles and grandparents who have filled my life here. I told her about singing praise songs barefoot in this very sanctuary, the youth group sleepovers in the pews, the festival preparations in the kitchen. Every time we visited together we could feel the warmth and support of everyone around us, and we counted our blessings repeatedly, so very grateful that Wesley was accepting of us -- just as we were.
7年前、メリッサと私はカップルになりました。ウェスレーが私と私の家族にとってどれほど大切なものかを知っている彼女は、私と一緒に教会に通い、私にとって第2の家であり家族であるこの教会と会衆を知ろうと努めてくれました。これまでの私の人生を満たしてくださった日曜学校の先生方やガールスカウトのリーダーたち、ユースのキャンプのカウンセラーたち、そして謂わば私を養子として迎え入れてくださったような叔母さんや叔父さん、更にはお祖母さんやお祖父さんたちに彼女を紹介したのです。この会堂で裸足で賛美の歌を歌ったこと、ユースグループのスリープオーバーの夜にこの長椅子で眠ったこと、そして台所でイベントの準備をしたこと。二人で一緒に挨拶する度に、私たちは私たちの周りの全ての人から温かさと励ましを感じることができました。私たちはウェスレーが私たちをあるがままに受けて入れてくださっている恵みを思い、何度も感謝したものでした。
We proposed to each other on our fifth anniversary, and with an engagement of course comes the planning of a wedding. Even though we had seen Wesley host a same-sex marriage, I was uneasy about trying to have our marriage here -- the thought of asking one of the United Methodist pastors I knew so well to risk losing their job to officiate our same-sex marriage seemed like an unreasonable request to make.
私たちは交際を始めて5年目の記念日に、互いにプロポーズをしました。婚約するということは、当然ながら結婚式の準備を始めることでもあります。以前にウェスレーが同性婚の会場となったことは知っていたのですが、私はここで結婚式を挙げることには躊躇していました。同性婚を司式することによってメソジストの牧師職を追われる可能性があることを考えると、個人的にも親しくしている牧師先生に司式をお願いすることなんてとてもできないと思ったのです。
To realize this meant I wouldn't get married in my home church didn't upset me as much as you might think; it came along with the mental territory of being in a same-sex relationship. You recognize that there are certain situations in which your welcome can be different from that of a heteronormative couple. It was just one of those things that we're conditioned to think: churches and same-sex marriages don't really go together.
大切に思っているこのウェスレーで結婚式を挙げられないことは実にそんなに辛いとは思っていなかったのです。それは同性愛の関係にある者には自ずと備えられる知恵からくるものでした。自分たちを受け入れることと異性同士のカップルを受け入れることが状況によっては違ってくる、ということを知っているのです。教会と同性婚とはお互いに相容れないものだ、ということを自然に受け入れてしまっていたのです。
My mom came home one evening after working in the church office. She said that she had mentioned our engagement to Reverend Keith, and that he was so very happy for us to hear the news. This made me smile. Then she added:
"He also said, 'Please let them know that they can have it here, if they want.'"
ある日の夕方のことです。母が教会のオフィスでの仕事から帰ってきて、その日キース牧師に私たちの婚約について話したら、とても喜んでくれたと言いました。私は嬉しくて、つい笑顔になりました。それから母はこう付け加えたのです。
「キースはね、もしあなたたちが望むなら、ウェスレーで結婚式を挙げるのももちろんいいんだよ、と伝えてほしいと言ったのよ。」
And as my chest tightened and my eyes filled with tears, I suddenly realized that it really did matter to me, a lot, that it was ok for me to be married here in my home church.
その時私は胸がいっぱいになり、目が涙で溢れたのと同時に、この私の母教会で結婚できるということがどれほど私にとって大切なものであったのか、ということに突然気がついたのです。
Nobody had ever told me it *wasn't* ok...
これまで誰も、「駄目だ」とは言っていません。
...but nobody had actually said, until that moment, that it *was* ok.
でもその時まで、「いいよ」と誰も言ってくれていなかったのです。
And that is what made all the difference. And that is why we can be married to one another in March, here, by one of Wesley's pastors, in the presence of our friends and family, in my second home.
この「いいよ」のおかげで、私たちは3月に、この教会で、ウェスレーの牧師の一人によって、私たちの友人たちと家族の前で、私の第2の家で結婚式を挙げることができることになりました。
That is why it isn't enough just to be not-hostile, why it isn't enough just to be pleasantly standing by.
だからこそ、ただ攻撃的でないだけでは充分ではないのです。ただにこやかに傍観しているだけでは駄目なのです。
Wesley's decision to be a reconciling church means that this congregation boldly, visibly, radically, clearly declares to the world that it *is* ok. So that there can be no mistake that we are welcome -- that all are welcome.
ウェスレーのリコンサイリング教会(和解の会衆)となる決断は、この会衆が勇敢に、目に見える形で、革新的に、そして明確に、「そのままでいいんだ」、と世界に向かって宣言することを意味します。そうすることによって、私たちがありのままに受け入れられていること、そして更には全ての人が受け入れられていることを確かに伝えていくことができるのです。

 

OUR HOPE FOR THE CHURCH AND THE WORLD教会と世界への私たちの希望
Marlene & Wayne Kamiya


Good morning everyone. My name is Marlene Kamiya and this is my husband Wayne. We have been on the reconciling committee for the past 4 years. We wanted to share from the perspectives as parents.
皆様お早うございます。私の名前はマーリーン・カミヤで、ここに居るのは私の主人のウェインです。私たちはこれまでの4年間、リコンサイリング・コミッティーで奉仕を続けてきました。今日は親としての立場から、私たちの経験をお話ししたいと思います。
I personally was raised in a very strict church (fire and brimstone) in N.D. The night before I was flying to North Dakota to be with my mother who was dying, I learned that our daughter was gay. She was telling me about her friend being gay and I'm not sure why but I asked, "You're not gay are you"? Well, she didn't lie to me. I guess I was in shock and already quite emotional over my mother so I'm not sure it was really registering. I actually had thought she was always a little "boy crazy". When I returned home we of course had many conversations. My love for her has always been so strong, but I was just trying to understand?! Bless her heart, she put up with me asking every now and then, "Are you sure?”
私はノース・ダコタのとても厳しい教会で育ちました。私の母が危篤となり、明日飛行機でノース・ダコタに発つという日の夜、私たちの娘がゲイであることを知ったのです。彼女がゲイの友達について話した時、私はどういうわけか「でも、あなたはゲイじゃないんでしょ?」と聞いたのです。でも、彼女は私に嘘をつきませんでした。私はその時既に母のことで頭がいっぱいでかなり感情的になっていたので、娘の言ったことが充分に理解できなかったのだと思います。実際のところ、私はいつも彼女が少しばかり「男の子好き」な女の子だと思っていたのです。ノース・ダコタから戻った後、勿論私たちは何度も話し合いました。私の彼女への愛はいつもとても強かったので、私はただ正しく理解しようと思っていただけなのかもしれません。でも「あなた、ほんとにそう思うの?」としばしば尋ねる私に彼女は我慢強く付き合ってくれました。なんて優しい娘なのでしょう!
Because of my faith upbringing and the church’s stand on LGBTQ people, I needed to understand and know as a Christian, that my daughter would have salvation. My journey to find answers began with our church’s reconciling committee. With the leadership of Pastor Jeffrey and many others, reading the Bible and taking a closer look at the clobber passages, language, the context, and intention brought a clearer understanding. It makes me angry that the bible has been used to discriminate against and hurt so many LGBTQ people.
私のそれまでの信仰的な環境とLGBTQの人々に対して教会がとっていた立場から、私の娘にも救いが与えられる、ということをクリスチャンとしてはっきり理解し、確認しておかなければならなかったのです。私のこの問いに対する答を見つける旅はウェスレーのリコンサイリング・コミッティーから始まりました。ジェフリー・ホール牧師を初めとする多くの方々のリーダーシップと、同性愛を否定していると言われる聖書の箇所(Clobber Passages)をその言葉と背景と意図から詳しく学ぶことによって、より明確に理解できるようになりました。これまで多くのLGBTQの人々を差別し、傷つけるために聖書が利用されたことを思うと、とても腹立たしい気持ちになってしまいます。
Wayne and I both love our daughter and are so very proud of her. It is hard for me to understand how any parent could abandon their children ever, and when a child shares the truth to his or her family is a time
when support and love is so important. God created all of us and loves each of us. He doesn't make mistakes. We are all His children.
ウェインと私は娘をこよなく愛し、とても誇りに思っています。私には自分の子供を見捨てる親が居るということが全く理解できません。しかも、その子が自分の親に真実を打ち明ける時というのは、親の理解と愛を最も必要としている時なのです。神様は私たち全てを創造し、私たち一人一人を愛してくださっているのです。神様は間違いを犯すということはありません。私たちは全て神様の子供なのです。
As parents we are so happy that we belong to a church full of open minded, loving, non-judgmental, accepting people. We were so happy that we as Christians, gained a much more complete understanding and interpretation of the clobber passages that are being used to condemn and hurt so many LGBTQ people in the world, and that we could be 100% accepting of LGBT people without feeling like we were compromising our Christian faith in any way.
開かれた心を持ち、愛に溢れ、決めつけず、いつも迎え入れてくれる人々に満たされたこの教会に属していることを私たちは親として本当に幸せに思います。そして世界中の多くのLGBTQの人々を非難し傷つけることに利用されているClobber Passagesを今は正しく理解し、解釈できたこと、更にはキリスト教の信仰をゆがめると思うことなくLGBTQの人々を心の底から受け入れることができるようになったことをクリスチャンとしてとても嬉しく思います。
As a church member, and as chair of our reconciling committee, I have never been so proud of our church, the church I grew up in, and the church that my father spent so much of his life serving in. It was truly a great day in the history of this church when we voted unanimously on October 21, 2013 to become a reconciling church.
この教会の会員として、そしてリコンサイリング・コミッティーの議長として、私が育ち、私の父が多くの年月を費やして仕えたこのウェスレー教会をこれほどまでに誇りに思ったことはありません。この教会がリコンサイリング・コングリゲイション(和解の会衆)となることを満場一致で可決した2013年の10月21日は、この教会の歴史の中で本当に素晴らしい日となりました。
Marlene and I are so proud to be members of this church, and to stand with you all to do what is right, and to live up to what we say in our welcoming statement…
マーリーンと私はこの教会の会員であることをとても誇りに思っています。そして皆様と共に立ち上がり、正しいことを行い、私たちが歓迎の言葉の中で宣言していることを実行していくことも誇りに思います。
Wesley United Methodist Church proclaims without reservation God’s unconditional love and grace and affirms the dignity and worth of every person as created in the image of God. We are a Reconciling Church welcoming into the full life of the church all persons regardless of age, ethnicity, economic circumstance, gender identity and sexual orientation. We welcome all who wish to worship God.
ウェスレー合同メソジスト教会(きょうかい)は、神)の無条件の愛と恵みを臆することなく宣言、全ての人々は神の姿に似せて創られたものとして、その尊厳と価値を尊重します。
私たちは年齢、人種、経済状況、性的アイデンティティ、そして性的指向に関わらず全ての人々を教会生活に迎え入れるリコンサイリング・コングリゲイション(和解の会衆)です。私たちは神を礼拝したいと願う全ての人々を歓迎します。
All of this gives us great hope for the future of our church and the future of our children and our world as we all continue to proclaim in word and deed, God’s all-inclusive love.
この宣言は、神様の全ての人への愛を私たち一人一人が言葉と行いで証していくことにより、私たちの教会の未来、そして子供たちやこの世界の未来に大きな希望を持たせてくれるものなのです。

 

MESSAGEメッセージ
Rev. Izzy Alvaran


On behalf of Reconciling Ministries Network – over 700 churches and faith communities and over 32,000 Reconciling United Methodists – I congratulate you on your third anniversary as an open, affirming, Reconciling Church!
この度、全ての人に開かれた和解の会衆(リコンサイリング教会)として3年目の記念日を迎えられたことをリコンサイリング・ミニストリー・ネットワークを代表して心からお祝い申し上げます。このネットワークは今では700を超える教会や信徒の集会と3万2千人を超えるメソジストの信徒たちを擁しています。
I had the privilege to read in advance the transcripts of everyone’s testimony today. Their stories brought tears to my eyes. Thank you for your powerful witness! You have touched my heart, for I am a gay United Methodist clergy who is proudly out to my bishop and the church, and to my family. I am still standing today, struggling for change in our church’s policies against persons like me because of you. You are my family!
私は皆さんの今日の証しの原稿を予め読ませて頂きました。皆さんのお話は私の目に涙を誘うものばかりでした。本当に素晴らしい証しを有難うございました! 皆さんのお話は私の心に深く響きました。というのも、私自身が合同メソジスト教会の牧師であり、ゲイであるからです。そしてこのことは私の年会の監督(Bishop) にも、メソジスト教会にも、そして家族にも既に明らかにしていることなのです。私が今ここに立って私のような人々に対するメソジスト教会の方針を変えるために働くことができるのも、皆様のおかげです。皆様は私の家族なのです。
A lot of people ask me what it means to be a Reconciling Church. You see, our denomination, the United Methodist Church, has laws and policies that discriminate against a certain community – my community – lesbians, gays, bisexuals, transgender, intersex, asexual, and queer persons. We are not allowed to be ordained if we “practice” our homosexuality. Our weddings cannot be held in our churches and cannot be officiated by our pastors. We cannot spend official church money for the “promotion” of homosexuality. We are second class members of this church.
多くの人々がリコンサイリング教会であるということはどういうことなのか、と私に尋ねます。私たちの教派である合同メソジスト教会は、特定のコミュニティ、つまり私のコミュニティに対して差別的な規律と方針を採択しているのです。そしてこのコミュニティとは、レスビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス(間性)、無性、そしてクイア(女装)と呼ばれている人々を指します。私たちは同性愛を「実行」していれば、按手礼を受けることができないとされているのです。私たち同性愛者の結婚式はメソジストの教会で挙げることができず、またメソジストの牧師が司式することも許されていません。更に、教会の財源を同性愛を「推進」することに使ってはいけない、ともされています。つまり、私たちは教会では二級のメンバーなのです。
In choosing to be a Reconciling Church, you are standing up and telling our denomination: Stop the harm! We say no to discrimination against our children and loved ones. In the love of the Divine we are all reconciled – our whole person, our relationships, our families. A Reconciling Church is a bright
rainbow in our communities that offer hope and safe space for all people. A Reconciling Church is committed to struggle against discrimination in our church, and will continue to live out our biblical and Gospel mandate to love all people – and we mean ALL people.
リコンサイリング教会となることを選ぶ、ということは、私たちの教派に対して立ち上がり、LGBTQのコミュニティに危害を加えることをやめろ!と言い渡すことなのです。そして子供たちや愛する家族たちへの差別にも反対していきます。神様の愛のもとにあっては、全ての人々、各個人の人としての全て、他の人との関わり、そして家族の一人一人が全て和解しているのです。リコンサイリング教会は私たちのコミュニティの全ての人々に希望と安全な場所を与えてくれる明るい虹と言えます。そしてリコンサイリング教会は私たちの教派に存在する差別との闘いを約束し、聖書と福音で定められている「全ての人を愛しなさい」という教えに生きる教会なのです。そして、ここでは本当に例外なく「全て」の人を指しているのです。
If there is one word that is woven through the stories we heard today, it is LOVE. It is the love of parents for their child. The love of one person for another in a committed relationship. The love of a church for all people. All inspired by the unconditional love of the Divine for all of us. In the midst of hate and discrimination, we bring love. When we hear talk of schism and separation, we come to the table with our faith stories rooted in love. When we read the news and hear stories of our children committing suicide because their families and their churches cannot accept them for being lesbian, gay, bisexual, or transgender – we respond with a warm embrace and offer them our love. Even as we stand up and advocate in the streets, in the ballot box, in the policy-making bodies of our church, we do so because we are driven by love for all those turned away by society and our church.
今日この礼拝で聞いた証しに共通して織り込められている一つの言葉があるとすれば、それは「愛」でしょう。子供に対する親の愛、互いに約束しあった二人の愛、すべての人々に対する教会の愛。全ては私たちに与えられた神様の無条件の愛がその源となっているのです。憎しみと差別の中にあって、私たちは愛を捧げます。分裂や分離が話題に上る時、私たちは愛に基づいた信仰の証しをもって会話に加わります。自分がレスビアンやゲイやバイセクシュアルやトランスジェンダーであるために、自らの家族や教会に受け入れられず、自殺に追い込まれる若い人たちのことをニュースで読んだり会話の中で耳にする度に、私たちは温かい抱擁で答え、愛をもって迎えます。立ち上がって街で呼びかける時も、投票する時も、私たちの教会の規律を決める審議の場でさえも、私たちは社会からも教会からも阻害された人々への愛の力で答えるのです。
Today, we celebrate the love that knows no bounds. Today, we celebrate the love of men for other men, the love of women for other women. Today, we celebrate the love of every person for their gender identity as transgender persons. Today, we celebrate love for the “other” – the ones in the periphery, in the margins. Today, we celebrate your love for the church – never giving up hope that change will come – that love will always triumph in the end. AMEN!
今日、私たちは無限の愛を祝います。今日、私たちは男性への男性の愛、女性への女性の愛を祝います。今日、私たちはトランスジェンダーである人ひとりひとりの愛を祝います。今日、私たちは周辺や欄外に追いやられた人々への愛を祝います。今日、私たちは教会への愛を祝います。いつかきっと変革が起こり、最後には愛が必ず勝利を収める、という望みを持ち続けていくのです。アーメン!

10月25日 「私を憐れんでください」 ジョン・ビジテーション先生

マルコによる福音書10:46-52

「わたしを憐れんでください」

ジョン・ビジテーション先生

この聖書の箇所が今週の聖書日課から与えられた時、私は、自分が牧師として聖職授任(オーディネーション)を受けるための準備もしていて、それは教区での面接を受ける前に仕上げる必要がある一連の書類、手紙Aから手紙Mといったものも含んでいます。

 また既に取り組んでいることや、人と話をすること、オフィスでの仕事や時には布団の中にまで持ち込んでの仕事など、沢山のことがあります。加えて妻のミカが必要とすることや、会衆の求めや、ミニストリーやその他の事など、次々と押し寄せてくる中で、私が今日のメッセージの準備を始めた時、最初に目をひきつけられたのはバルテマイの言った「私を憐れんでください」と言う言葉でした。

 私はこの「私を憐れんでください」という言葉から逃げられず、この言葉が頭から離れませんでした。私たちはいつも「愛と憐れみなる救い主」とか「憐れみ深い神さま」という言葉で「Mercy」という言葉を耳にしています。しかし、彼が言った「私を憐れんでください」という言葉にはいくらか違った力と理解があります。

そして、私たちがバルテマイの叫びを理解し始めるとき、神が与える憐れみとはどのような類のものかを私たちは見いだし始めるのです。

 さて、エリコはよく知られた貿易の街でした。沢山の人が物を売り買いするために行き来していました。もしも、あなたが働くことができなかったら、いわばあなたがバルテマイだったとしたら、あなたは他の人と共に外で物乞いをしなければならなかったでしょう。もう一日生き延びるために、誰かの目に止まろうと望むはずです。バルテマイは、イエス様の気を引くためにできる唯一のことは他の人よりも大きな声で叫ぶことだと考えました。だから、ここに「私を憐れんでください!ダビデの子イエスよ、私を憐れんでください!」と叫んでいる彼の姿があるのです。

 そして、それがイエス様の耳に届いたわけです。ダビデの子、と誰かが言ったことを聞き取られたのです。これはダビデの血を引く救い主というメシアの預言を指しています。そして、このことは当時の世界では良く知られていて、町の外にいた盲目の人であってもでした。そして、イエス様はバルテマイの叫びを聞いた時、「私を憐れんでください」という言葉ではなく「私はメシアであるイエスあなたを信じます!どうか私を憐れんで下さい!」という言葉を聞かれたのです。

私はあなたの奇跡を信じます。私はあなたの教えを信じ、あなたが預言者が告げた唯一のお方だと信じます!私を憐れんでください!

 バルテマイには生きる目的も無く、この瞬間イエスが彼に与えるかもしれないもの以外は何も持ちませんでした。彼を待っているものも他に何もありませんでした。他のビジョンや希望や未来に関しても何もありませんでした。しかしバルテマイはもし彼が目が見えるようになるという夢を抱くことができるならば、そして将来の展望、希望、未来を持ち続けていられるとしたら、それは、自分の近くを通りすがった救い主を信じる事で起こることだと知り、悟ったのです。彼の絶望と失望は助けを求める叫びに変わりました。

 私たちは皆、希望を失ったり、目の前が真っ暗になったり、未来がないように感じる事があると思います。きっと、そういう時は、ストレスを感じる時、働きすぎたり燃え尽きてしまったり、憤ったり人と衝突したり、悲しみに打ちひしがれ、不安になったり落ち込む時ではないでしょうか。

 この聖書箇所は私たちにキリストを信じる信仰にしっかりとしがみつく事を思い起こさせるものだと思います。それは、こういったストレスや嘆き、絶望にくれるといった状態の中で何とか耐えるのではなく、これらの絶望の瞬間から自分たちを立ち上げるための言葉なのだと思うのです。

 私は先に牧師になるプロセスに必要な書類を準備している事を話しました。そして、そのうちの一つは私の宣教への召命について記述することでした。英語部・日語部それぞれの礼拝で私の宣教への召命について話をしたのですが、今日は、そこまでの道のりのある部分に焦点を当てたいのです。

 2007年の夏、私は初めてのサマーキャンプを共同企画しました。そして、それは私が UJCC(フレズノ合同教会)でキース先生と一緒にインターンをさせていただいた同じ夏でもありました。

そして、この時すでにキース先生と先生の行うミニストリーにくっついて大部分の夏を過ごしていましたが、私はいつのまにか、自分が 日系人サマーキャンプ(略してエイジアン・キャンプ)を手伝っているのに気づきました。

 最後の晩は大抵、感動的なキャンプファイヤーの夜となります。そこで私達ディレクターは、このミニストリーの一部を担ってどれだけ祝福されたか、神とキャンパーとスタッフに感謝するのです。

 そして、キャンプファイヤーが終わった時、私は一人で祈るためにその場を離れました。

私は、自分の人生がどうなるのかわからず、その事を神に祈りました。

私に何が待ち構えているのか、コンピュータのエンジニアにとどまるか、ロサンゼルスにとどまるか、家に帰るか、大学院の卒業をあきらめるか・・・沢山のことについて、私には明確な答えが出せませんでした。かなりの間、迷ったような感覚を覚え、葛藤を覚え、また何が私を待ち構えているか先が見えない、そんな風に感じていました。

 しかし、私が神に祈った唯一確かだった事がありました。それは、宣教への道を進み教会に仕えることをどのように感じているかでした。そして、これが私が大変長いあいだ感じていた最も完全な感覚だと理解しました。

そして私は神にこれから後の人生で私を用い、導き、私を憐れんでくださいと祈ったのです

 皆さんもおわかりの通り、バルテマイの話は、暗闇の中、何も見えない状態で神に助けを求め、そして神が私たちの言うことを聞いてくださっているという確固たる信念を持っているという信仰の話なのです。

 でも、この話には、また別の現実を表す他の側面もあります。イエス様は、バルテマイの隣にいた人、それが弟子の一人だったのか、そこに群がっていた人の一人なのか、バルテマイに静かにするように怒鳴った人達か定かではありませんが、誰かに言われたということに気付

かれると思います。イエス様は誰かに、バルテマイと話をするように頼んだのです。そして、私は自分の人生においても、このことが本当だということに気がついたのです。

 自分の伝道への召命を受けた初めの段階では、自分が何をしているのかハッキリとは分かりませんでしたが、何人ものリーダーや牧師、そして教会のメンバーから自分にはその賜物があると後押しする言葉を聞きました。教会員の家や病院に誰かを訪問する時には、毎回、自分の話すことや祈りが、その部屋におられる神によって息を吹き込まれるように祈ります。私たちのスティーブン・ミニストリーでは、ミニスターの一人一人が、助けを必要としている方々と神とを結ぶパイプ・管となることが必要であると教え、その為に神に使っていただくよう祈っています。

 お分かりですか?神が最初に私たちに手を差し伸べるように頼むのは、私たちが名前も知らないような人たちなのです。どういうことかと言うと、神は、あなたの周りにいる全ての人を通してあなたに話しかけられ、同様に、あなたを周りの全ての人に語りかけるように使われておられるに違いないということです。ただ、私たちの周りにいる人の言うことに耳を傾け、そして神が私たちに何を言っておられるのかを聞くのには時間と忍耐が必要なのです。

 それはバルテマイがとった行動です。彼はイエス様に呼ばれたと聞くと、飛び上がってイエス様のところへ行きました。するとイエス様は彼のために何が出来るかを尋ねたのです。バルテマイはただ目が見えるようになりたいと言いました。イエス様は、行きなさい、あなたの信仰があなたを癒したのだと言われました。これがバルテマイの話の終わりですが、そこで私たちは、神がこれからもそこへ在られて、私たちの信仰に明確さや方向性を与えてくださるという認識することができるのです。

 神は私たちを暗闇から引き上げて、私たちにより良い明日、より良い未来のための視界を与えて下さるのです。エリコの町の外にいる乞食のようにその日、その日をただ何とか生き延びていくのではなく、私たちに命を与えてくださるのです。私たちに希望を、生きる目的と理解を与えてくださるのです。それがバルテマイに起こったことであり、私に起こったことなのです。そして、私は、皆さんの多くがこのバルテマイの話に似たようなストーリーをお持ちのことと確信するのです。

 プレイズバンドに演奏をお願いする前に、私は「神は、あなたがいる所どこでも、またどこへ行こうとも共にいてくださる」という言葉を告げてメッセージを閉じたいと思います。

 暗闇しか見えないという状況にあるような人生の時に「ダビデの子、イエスよ、私の主、私の神」と呼びかけることは無意味だと思う人もあるかもしれません。「私の視力を元に戻してください、もう一度見えるように助けてください」とただ神さまに呼びかけることも難しい場合もあるかもしれません。

 でも、他の感覚を使って神の方向へあなたの意識を向けてみてください。また、あなたを神へと導くあなたの周りの人々にあなたの心を向けてください。

 神は存在するだけではなく、他者との繋がりを作るために私たちを用います。

それは「私たちの教会に来てください。」とか「一緒に祈ってもいいですか?」または「それをするのを手伝わせて。」とか「力になりますよ。」というような姿かもしれません。

 神はいつも私たちと一緒にいてくださいます。共にいてくださる偉大な方(インマヌエル)です。神は私たちの人生の最も暗い闇の時、いつも憐れんでくださいます。そして、神は他者を支える手を差し伸べるために私たちを用いられるでしょう。また、神は常に私たちが信仰を通して物事を見るように助け、ただ一日一日を耐える事よりも、私たちのより良い明日のために希望を与えてくださるのです。

栄光と平和が皆さんと共にありますように。 アーメン。

 

2015年 7月26日「神の国はパン種のようなものである」ディビッド・コウ牧師

「神の国はパン種のようなものである」

ディビッド・コウ牧師

マタイによる福音書13:44

先週私たちは、「神の国はパン種のようなものである」ということについて学びました。説教の中で私は、神の国とは「この世が、神の国として造りかえられる」という、イエスのこの世への展望そのものだと指摘しました。神の国とは、神の愛と恵を、私たちが具体的なものとして経験するその時、その場所で存在しているのです。

先週のパン種のたとえ話では、ある女性が台所で、裸足で、パンを焼いていたとき、神の国が存在したということを、私たちは知りました。そして神の国は、誰もがパンを分かち合うことが出来た小さなガリラヤの村の共同キッチンに、存在したのです。 本日は、イエスが話した神の国のたとえ話の続きを読み進めたいと思います。

今日の聖書では、神の国が畑に隠された宝のようであると語られています。重要なことは、「宝」が畑にある点です。それは一般的に理解しやすい事柄だからなのです。毎日人々は、その畑のそばを通り過ぎていきます。幾人かの人々はおそらくすでに宝を目にしていたことでしょう! なぜなら宝はその畑にあったのですから。

この人が、誰かの所有地に宝が埋められるのを発見したか、あるいは価値ある何かを見つけるために金属探知機を持ってきたかなどと想像しない限り、宝が常にその畑の上にあったと想像することの方が合理的です。しかし、人々はそれに気がつかなかったか、それが宝であることを認識しなかったのです。

このように、それが地面の下に、または、茂みの後にあったのではなく、宝は畑に隠されていました。それは、隠されていたのです。なぜなら人々はその宝の価値を知らなかったからであり、人々はその宝に注意を払わなかったからです。

もし私が市場でこの絵を見つけたらどうでしょうか。

 

誰かが通りでこの絵を私に売ろうとするならば、私はこの絵にびた一文も払わないでしょう。しかし、もし私がこの絵の本当の価値を知っていたならば、私はATMに走っていき、すべてのお金を預金口座から引き出して、この絵を買うでしょう。なぜならこの絵は、1億4000万ドル以上の価値があるジャクソン・ポラックの有名な絵の1つだからです!

また、この野球のカードを、礼拝堂で偶然に発見したとするならば、私はおそらくそれをゴミ箱に捨てるでしょう。

 

なぜならわたしはこのカードが、実は2006年に210万ドルもの高価な値で売られたということを知らなかったのですから!このたとえ話において重要なことは、隠された宝は、私たちの日常生活で誰でも目にすることが出来た場所にあったということです。しかし、ただ一人、その価値を知っていた人だけが、それを宝として得ることが出来たのです。

このたとえ話の中で、宝がどこにあったのか、またはその人が宝をどうやって見つけたのかという事柄が大切なのではありません。イエスは、この人がどこで、またはどうやってこの宝を見つけたのかということに全く興味を示していません。そしてイエスは、この人がこの宝を投資して幾らの利益を得ることになったのかということにも興味を持っていません。イエスが賢い投資方法について話を集中させたかったのであれば、イエスは、その人がどうやって投資から利益を得たのかということに言及しなければなりませんでした。

このたとえ話の焦点は、宝が隠されていた畑にもおかれていません。

このたとえ話の焦点は、宝を偶然に見つけたこの人のとった行動であると私は思うのです。この人は、この畑に何か価値あるものがあると分かったときに、それがその人の人生にとって、最高のものであると認識したのです。その宝を手にするために、その人は所有するすべてのものを売って、その畑全部を購入するために全財産を投資したのです。

わたしたちは、予想外に宝を見つける人になり得ます。けれども、全ての人がこの人のように、彼だけに見えていたその宝のために全てを投げ打つ人にはなれないでしょう。

私にとって、グラント・エレメンタリー・スクールとセント・ジェームズパークで行うcom(e)passion ミニストリーは同じです。予想していなかった宝を畑で見つけるようなものなのです。

昨年11月11日に、山本一牧師、Atonと私は、オフィスに座り、私たちの熱い思い(passion)について討議しました。

私たちの会話の間に3人は相通じる一つの事柄を見つけました。私たちは皆コミュニティへと手を伸ばし、困っている人々の援助したいと思っているという事でした。

私たちは、教会の周囲に生きる人々がこの地域共同体(コミュニティ)で私たちの教会によって、幸せと喜びを見いだす、そんな姿を見たいと願っているのです。

その時からどのようにして私たちは私たちの持っているものを分かち合いながらコミュニティを一緒に築いていけるかについて考えてきました。そうして私たちはコミュニティの人口統計を調べました。そして、それは教会の周辺およそ2マイルに制限しました。また私たちは、地域コミュニティで社会的活動に活発に参与していた他の組織を訪問しました。

 研究の結果は私たちを驚かせました。私たちの当初の想定ではウェスレーの近くにはたくさんのアジア系アメリカ人と年配の方々が居るだろういうものでした、なぜならそれらの方々と教会で最もよくお出会いするからです。しかし、驚くべきことにたった20%のアジア系アメリカ人、そして11%の60歳を超えた方々がウェスレーの近くに住んでいるだけだったのです。そして教会から2マイルの範囲に住んでいる66%はヒスパニック・ラテン系アメリカ人だったのです。その多くは若い移住者そして、彼らの中には、低所得で複数の仕事をもつシングルペアレンツもおられるのです。

しかし、問題はこの地域の大部分のソーシャルサービス団体がヒスパニック・ラテン系アメリカ人ではなく、彼ら自身の特定の人種や集団、(日本人、中国人、イタリア人、アフリカ系アメリカ人を含む)に彼らのミッションを集中させているということです。そして、彼らのプログラムの恩恵を受けているのは主にシニアとホームレスなのです。私たちはリサーチの後、若い低所得のヒスパニック・ラテン系アメリカ人と一般的なホームレスの人々のお手伝いをする事に私たちは決めました。そのようにして、グラントスクールのリーディング・プログラムとセント・ジェームズパークのピクニックミニストリーが始まったのです。

グラント・エレメンタリースクールはウェスレー教会からほんの4ブロック離れているだけです。84%の生徒がヒスパニック系という学校です。創立は104年前、ちなみにウェスレーは117年前です。実に、この1世紀の間、これらの2つの組織は並んで日本町の中に存在したのです。しかしグラントとウェスレーは関係を持ちませんでした。この100年の間、教会の誰もグラントスクールが私たちの宣教の範囲でありえると思いませんでした。宝はフィールド(畑)に文字通り隠されていたのです。

今年の2月に私はAtonさんとRoyさんと共に初めて校長のPaulette Zades先生に彼女のオフィスでお会いしました。この最初のミーティングで私たちは彼女の生徒に対する情熱を感じ、またウェスレーからの援助の申し出好意的である事を知りました。私たちの当初の計画は文具を提供するか、学校にクリスマス・ギフト・バッグを送るという事でした、しかし、校長は1歩先を望み、放課後のリーディングプログラムのボランティアができないかと尋ねられました。それは私たちにとって少し背伸びをするような事でしたが、しかし、私たちは信仰をもって飛び込むことに決めました。

 そして、後の話はご存じでしょう、3月から私たちは毎週月、水、木曜日の放課後に本を読むプログラムを担うボランティアを派遣しています。また月に一度の彼らのコミュニティイベントも手伝っています。この夏の間、グラントスクールは私たちの援助を受けて、初めて毎週月曜と水曜日に20〜30人の生徒の夏のリーディングプログラムを提供することができました。今までに、ウェスレー教会からリーディングプログラムに24名、コミュニティーイベントに42名のボランティアを送ることができました。

それだけではなく、この2週間の間に私たちはグラントのためにコピー用紙を集める取り組みをしました。結果、270リーム、27ケースが集まりました!また、エンダウメントファンド委員会は財政的困難のために科学キャンプに行くことができない5年生の生徒に奨学金を提供するための議論を始めました。

グラントの生徒たちが私たちのコミュニティの隠された宝であるということを今、知っているので、ウェスレー教会はグラントのために時間と資源を注いでいます。私たちは、今この地上で神の国を実現しようとしているのです

 セントジェームスパーク ミニストリーも同じです。山本一牧師が後でシェアしてくれますが、私は人々の人生に確かに何かしらの違いを生み出すんだということを言いたいのです。

 既にブライアンの話は以前話しました。ブライアンはホームレスでしたが、私たちは彼と昨年パークで出会いました。ウェスレーの仲間の助けを得て、彼は今ホームレス状態を脱し、完全に自立をしています。彼はフルタイムの仕事をBoston marketでしており、フレズノのpharmacy tech schoolの一年目を丁度終えたところです。

 そして、昨年アパートから追い出されたシンディの家族のお話も聞かれたことでしょう。私たちは彼女と家族のお世話をしてきましたが、今彼女は自分達の住まいを見つけ、バーガーキングの仕事も持つことができました。

そして2週間前、キース牧師が皆さんともう一人のホームレスの男性の話をシェアしてくれました。私たちはパークで彼と出会いました。彼の名前はテッドです。彼はUCLAを卒業しましたが、一年以上ホームレスをしています。彼は今私達のケアを受けており、彼はすぐに仕事と住む場所を見つけ、自立した歩みを始められると思います。

これら全てのことが起こったのも、究極的な宣教の価値を、教会の目覚しい成長にではなく、「人間」に置いてきたからです。

私たちは、グラントで出会う一人ひとりの子ども達やパークで出会うホームレスの方々は、神の眼から見た最高に価値のあるもの、隠された宝だと信じるのです。彼らが神さまの願いに叶った人生を完全に生きるようになるまで、彼らと共に歩む私達の歩みは続くでしょう。

私たちが追い求める最高の価値を持つもの、宝というものがあります。あなたにとっては何でしょうか?全てのものをなげうってもほしいと思う物はなんでしょう?それを見た時に、本当に欲しいと思う何かがありますか?あなたの人生で最高の価値をもつものに全てを捧げたいという思いを持っていますか?

あなたの人生において、どんな宝をあなたが追い求めるにしろ、私はもう一つの宝をあなたのリストの中に加えてほしいと願います。それはコンパッション(苦しむ心に寄り添う事)です。そして、あなたのそのコンパッションの心をグラントの子ども達やセントジェームスパークの仲間、またあなたが毎日出会う人々に向けてください。

私たちはサンノゼの全ての問題を解決することはできないかもしれません。しかし私たちは一つの学校を助ける事ができます。また一人のホームレスの人生を変えることができます。このことが神の国の実現、そしてウェスレーの未来に繋がると思うのです。そして、あなたがその一部を担ってくださる事を心から願っています。 アーメン