信徒奨励

2017 Sep.3 Joint Worship George Leano (English)

Good morning. My name is George Leano and I am a co-lay leader in Nichigo bu and many of you may know me as Mary Leano’s husband. She was addressed a few times during last week’s Compassion Sunday service.

I am pinch-hitting for our pastors who are in Yosemite where our church family camp is being held this Labor Day weekend. For those who are here for the first time, I must throw out a disclaimer that our pastor’s messages are much enlightening than mine.

Many people experience challenging environment not only to become a Christian, but to continue with growth in faith. 

I am from a tiny Japanese island or Ryukyu Island of Okinawa located in between mainland of Japan and Taiwan. If you zoom in the island in Google Map, it looks like a big island but when you zoom out to see its relative location to the U.S., it becomes just a spec on the map.

If you have a chance to visit Okinawa which some of you may already have, you will notice turtle-back shaped tombs even from a main highway. They are everywhere. In each tomb, there are cremated remains (not ashes) of ancestors from a line of individual family. 

SnapCrab_NoName_2017-9-14_11-48-58_No-00.png

On my mother’s side, Oyadomari family has a tomb in the south of the island where my ancestors’ cremated remains are kept.  Once a year in April, there is a day of honoring our ancestors called “shii mii” which each family is obligated to visit their family tomb. As a child, I remember helping to clean around the tomb pulling weeds out since the adults won’t let me handle sharp objects like sickle to cut grass.  

Once the cleaning is done, a feast is brought in front of the tomb and offered to our ancestors. And then the best part, we get to eat afterwards.  

Also, many Okinawan households have a “buchi dan” (butsu dan in Japanese) with ancestors’ name plates on “tou tou mei” or a plaque.  This is where one would pray to their ancestors at home. 

Many Okinawans also rely on “yuta”, a so-called fortune teller. Although from my experience, they are more than a fortune teller. Okinawans typically ask for yuta’s advice for anything from information about their future spouse, who they will be marrying in the future to their health conditions. When my mother looked for an apartment, almost always, she would have a yuta check it to see everything was okay before she signed a lease.

Many Okinawans also practice Buddhism and my mom at one time was a Buddhist. 

So worshipping ancestors, having experienced yuta, Buddhist influence, and other Okinawan beliefs were not conducive to become a Christian.

However, my mother was a single parent and very frequently, she did not conform to typical Okinawan traditions. Instead of sending us to a Japanese school, she sent my two older sisters and me to a Christian school started and run by evangelical missionaries. Interestingly, this school was built on a top of a hill where a fierce battle was fought during WWII. The hill was called Hacksaw Ridge which some of you  may have watched the movie. It is be-fitting that a Christian school, which teaches love and peace, stood on this en-battled hill.  The name of this school is Okinawa Christian School, OCS for short and now they have added “International” at the end. 

SnapCrab_NoName_2017-9-14_11-49-9_No-00.png

 During one of my elementary years, I accepted Christ and became a Christian. Daily teaching of Bible was part of our mandatory curriculum and every Sunday, one of our teachers would pick me up in the morning to take me to church. After Sunday school, as I clearly remember to this day, we would listened to a comical, but effective pastor, Pastor Taylor, preach. The school and the church were where I was building my Christian base.

Against all odds as my chances of being and staying a Christian in Okinawa was slim in the environment I was in, I felt blessed to have an opportunity to attend school centered on Christian faith and helped make my Christian base much stronger.

At a certain point, when my mom used to tell me “put your hands together and let your grandparents know you came to visit them” at the butsu dan in my uncle’s house, I would silently pray to my God and ask for forgiveness that I am pretending to worship my grand parents. This, I believe, was because of my base taught at my school

But, my challenges would not end there.

I was immersed into more challenging environments.  When I was in a second year of high school at OCS, I left Okinawa to live with my oldest sister and brother-in-law in Indiana. I started making new friends and soon afterwards, I felt as though I was living in a sheltered life. I stopped going to church and selfishly, spent my Sunday mornings sleeping in and hanging out with my friends or watching football games. When I started college, I even became more detached from God especially after joining a fraternity. From the movies many of you might have seen, “frat” brothers do wild and stupid things. They are nothing like that. They are worse.

There were more times in my life I went astray, but God would always find His way to reel me back in, because I had my base. And, again, I would steer myself back to church where I can re-construct my fragile base. 

Almost 9 years ago, my wife and I moved to the Bay Area from a Chicago suburb. After we settled, we tried different churches including Wesley, but we just couldn’t find one that we felt we can make it our church. In 2012, after a year of house hunting, God blessed us with a house near downtown San Jose and not far from Japantown. So, we decided to give Wesley another try.

And today, I attend this church with many who can and have helped me with refining my base, my foundation.

One main influence that transformed my base was Rev. Hajime’s dedication to serving our Nichigobu and Eigobu members. He has empathized, comforted, and advised even non-Christian seekers and strangers.  One time, with his knack of persuasion, we got talked into hosting an unexpected visitor from Japan, Toru,  whom we impacted his life by showing what we Christians do for others.  Some of you here met him and helped him too. This was over a year and a half ago, but to this date, he keeps in touch and still appreciates what we have done for him.

Also a couple who are good friends of my wife and I are seekers and I look forward to help them to get to next steps. We also have mother and son attending our church since their involvement with ministry through Japanese class we held here at Wesley. Rev. Hajime has given me these opportunities to contribute and added a few more bricks to my foundation.

 I believe our Christian base gets adjusted, as we grow in our faith. As I summarized my base now, it contains pretty much the same principals as the ones Wesley teaches. Love God and love one another which also include helping those who are in need and doing no harm to them, excluding no one.

1 Thessalonians 5:11states “Therefore encourage one another and build one another up, just as you are doing”.

 

Let’s remember to encourage others not only in bad times but in good.  Let us help each other to grow our Christian base, our spiritual foundation together.

 

 

Thank you.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年 10月2日「わたしたちの教会」 塚本旨兄信徒奨励

10月 2日 主日礼拝信徒奨励要旨
「わたしの教会」 塚本旨
テモテへの手紙二1章1-14節

●二週間前の礼拝後、日語部ではビジョンミーティングとして、私たちは教会に何を期待するのか、ということを話合いました。癒しの場、奉仕の場、また牧師の人柄、といった希望や期待がある中で、教会は信仰を育てる場所であることも忘れないで、という意見もその後の話し合いで聞かれました。今日の聖書の箇所は丁度その信仰についてイエス様が語っておられるところです。
今日の聖句の「からし種」は、聖書の世界ではいつも「小さなもの」を表し、また同時に「信仰」をも意味します。でも考えてみると、日本語でも英語でも「大きな信仰」という言い方はキリスト教の中ではありません。むしろ「深い信仰」という言葉を使います。イエス様はどういう意味で、この「からし種」のお話をされたのでしょうか。小さな信仰ではいけない、もっと育てなさい、ということなのでしょうか。今日はこのことをこれまでのウェスレー日語部を牧してくださった先生方の言葉から考えてみたいと思います。
●大友愛郎先生は1978年から1988年まで、ウェスレーに居られました。1983年にハドソン川で船の事故があり、犠牲者も出たのですが、その時乗客を救うために川に飛び込んだ人々を見て、「彼らをクリスチャンだと勝手に決めつけるな!」と言われました。先生はまだ若い頃、横浜の教会で近くの風俗産業に従事する人々を教会に迎え入れ、そのために教会を去る人も出てきたことがあります。「教会ってね、罪びとが集まる所なんだよ」、というのが先生の信条でした。でも「自分が罪びとであることを知ってる人たちなんだよ」。だから立派な人がクリスチャンというわけではない、ということなのです。
●次に来られた荒谷先生は、いつも「あるがままの自分」を受け入れてくださる神様を語っておられました。どちらの先生も小さな人、小さな信仰、を大事にしておられたのです。このことは今日の ルカ書の後半、主人に従う僕の譬えにも現れています。小さい者であるがゆえに主人に、そして神様に従う人でありなさい、と。つまり、信仰は小さなものでなければならない、とも言えるのです。
荒谷先生の後に来られたのは塚本先生でした。阪神・淡路大震災の時神戸に居られ、自分の教会を開いて避難した多くの人々を迎え入れました。でも、状況が落ち着いた後、その中から教会に連なる人は一人も現れませんでした。でも「もし同じことが起こったら、私は同じことをします」と断言されたのを今でも覚えています。
●塚本先生の後は松下先生でした。とても誠実な先生で、病や老齢の方々をいつも訪問し、請われれば決して上手とは言えない歌を、精いっぱいの声で歌っておられました。「私は小さな事しかできませんが、それで愛を感じてくださる人がいるのなら、いつまでもやり続けます」という先生の言葉は、その人柄を良く表しています。小さな自分だけど、御言葉に従っていけば、神様が自分を通して働いてくださる、という信仰です。どちらも、深い信仰があったからこその言葉です。
今日のテモテの箇所は詩を前にしたパウロが獄中で書いた最後の手紙です。恐れずに、教会を守るように、とテモテに諭しています。
●塚本先生の後にお迎えした西之園先生の時にジャズかつが始まったのを覚えておられる方も多いでしょう。実は当初、役員会はこのジャズかつに反対していたのです。とてもそんなイベントは今の日語にはできない、と。でもその時の先生の言葉は「私たちがやらなければ、一体だれがやると言うのですか」というものでした。東北の為だけではなく、今の日語を守る為にこそ、これをしなければならない、ということだったのです。
●私たちの教会はこうした素晴らしい先生方に恵まれて育ってきました。小さな「からし種」は今も小さなままかもしれません。でもこのウェスレー教会という畑の中で、その種がこれからも少しずつ深く根を下ろしていくことを願っています。

2016年 7月17日「イエスの方を向いて」 馬越直子姉信徒奨励

7月17日 主日礼拝信徒奨励要旨
「イエスの方を向いて」 馬越直子さん
ルカによる福音書10章38~42節


●牧師の子どもは「PK(Pastor’s Kids)」と呼ばれますが、私もその一人です。私は看護専門学校を卒業し東京の国立小児病院で働きました。子どもの頃は「教会の子」と一個人「府上直子」との葛藤の中で常に振り回されてきたように思います。
父は京都御所の真横の教会で、新会堂建設、地域へのアウトリーチ、社会の問題への取り組みなど、神の声に聴き従い地域に開かれた教会を祈り求め、働き続けました。
母もよく働いていました。早天祈祷会後に朝食を作り、神学生やスタッフへの週に一度の夕食会、ホームレス支援、新年の牧師館オープンハウスでは百人分のごちそうを一人で作り、葬儀や結婚式のお世話、新会堂の管理など・・・。 ある日、一晩だけ母が行方不明になりました。後に分かったのですが、教会の塔の上から飛び降りようかと真剣に考えていたそうです。母の心身の疲労は極限まで達しており、ついに入院となりました。入院に際して付き添わない父への憤りと母のやせ細った体、枯れ果てた心の疲れに愕然とした覚えがあります。
両親の生き方は良くも悪くも私にとってお手本であり反面教師でもあります。私は教会で育ち、人の為に生き、神の為に仕える、という生き方を徹底的に叩き込まれてきました。そういう生き方しか知らないというか、他の生き方が全く分からず、できないのです。
●今日の福音書の箇所マルタとマリアの話が私はずっと好きではありませんでした。
自分の行いが否定されているように感じるからです。放蕩息子の例えもそうですが、兄や姉は一所懸命、実直に、我慢強く神様と親との約束を守り、仕えています。妹や弟は、好きな事を好きな時に存分にし、しかも放蕩息子の場合は父親に、マリアの場合はイエスによってあるがままを認めてもらっています。対するマルタは40節「マルタは、色々のもてなしのためにせわしく立ち働いていた」 とあり、さらに「わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせています」とマルタ自身がイエスに訴えています。これはマルタが自分自身に焦点を当てた主観的な訴えです。なぜなら人は誰もが忙しい時にこそマルタのように「なぜ、私ばかりが」と、どす黒い感情が胸に渦巻くからです。周りの人も一杯一杯で誰にも頼れない、それでも「もてなすこと」をやめません。そうする事でしか、自分の信仰が表せないと思っているからです。
それに対するイエスの答えは客観的なマルタの姿を示しています。「あなたは多くの事に悩み、心を乱している。」はっとさせられる言葉です。そして「必要なことはただ一つ。それを取り上げてはならない」とイエスさまは仰いました。
●Mrs.堀越の以前、Mrs.堀越が証の中で祈りの姿勢について「心の目を開き、神様の方を向いて祈る」大切さを話されました。何か対象があり、そちらを向くという事は自分ではない、全く別のベクトルの方向性を持つという事です。では、心の目を開き、神様の方を向いて祈る事、イエスに聞き入る事とはどういう事なのでしょう?
●身体が動かなくなる先天性の神経難病にかかったワシントン州のジュリアナ・スノーちゃんの両親は彼女が4歳の時に医師から「今度呼吸困難が起きた時にどうするか、考えておいて下さい」と言われたそうです。そこで両親はジュリアナちゃんに、聞きました。
「あなたの病気が今度悪化したら、また病院へ行きたい?」という問いに、「心配しないで。私のことは神様が引き受けて下さるから。」と家に居る事を望んだそうです。そして一年半後、自宅のプリンセス・ルームでお母さんに抱かれてこの6月息を引き取られました。
ジュリアナちゃんの心は真っすぐ神様の方を向いています。自分の体すら思うように何一つ動かせないたった5歳の女の子が「私は何のために生まれてきたの!?」とは問わずに「神様は私の心の中にいる」と言い切るのです。この真っすぐな信仰こそを「取り上げてはならない」と強く感じました。
 

2015年 7月12日 信徒奨励「前を向いて」

7月12日 主日礼拝信徒奨励要旨
「前を向いて」コリンズ・道子姉
ルカによる福音書9章59−62節


●私が携わるスティーブン・ミニストリーという活動は、病気や環境の変化、家族を亡くした痛みや悲しみの中にある人の辛さや苦しみを聞く事で共有し、心や魂のケアをするというものです。
このミニスター(ケアをする人)にならないか、と西之園牧師から言われた時『そんな大役は無理、気も短いし、若造だし、他に適任の人がいる』と躊躇したのを覚えています。しかし、そんな私がこの役を引き受け、キリストに従おうと前を向いて歩もうとした時に何が起こったかをお話したいと思います。
●このスティーブン・ミニストリーで私たちにできる事はcare(その人を気遣う事)であり、結果であるcure(治療)は神がなさる事だと教わりました。ですから私の役割は、苦しみを吐き出すはけ口となり、神の助けを求めて共に祈る事だと考えています。私がどれ程役立っていかはわかりませんが、確かに言える事はスティーブン・ミニスターになった事で私自身が大きな恩恵を受けているという事です。
●私は生来でしゃばりな性格でしたが小学生の頃『人に好かれるには、あまり自分の意見を言わないほうがいい』と悟り、自分の意見を言う事を控えるようになりました。それと同時に人の話を聞く事も楽しいと感じていました。ところが11年前に米国に来て、カレッジで勉強するようになると、自分の意見が決められず、また言えない、という事に苦しむようになりました。いかに上手く話すかに重点が置かれる米国の環境の中で、聞く事が好きということは何の得にもならないように思われました。でもそのような「聞くのが好き」という性質を、神は用いてスティーブン・ミニスターにして下さいました。神様は欠点と思える事でも、また相応しくないと思える人でも用いて下さるという事を知る事ができたのです。
●私が受けたもう一つの恩恵は、神に対する信頼が強くなったことです。 私自身、余計な言葉で相手を傷つけたりする可能性もあるので、面会をする前には毎回一生懸命助けてくださいと祈り願います。その事によって、私がケアする人の状況や、その人自身の気持ちに変化が現れることを実感することが出来ています。また、私がケアする人に寄り添っている間、私が特に何かしているわけではないので、神様・イエス様が私を助けてくださっている事、私のケアレシーバーを愛し、御手を差し伸べておられる事を感じることが出来るのです。このような体験からミニスターの働きに必要な助けは全て神が与えて下さる、という事を信じられるようになってきたのです。
●「私についてきなさい」というイエス様の招きは一人ひとり違います。でも私達は、往々にしてその招きに対し、尻込みしてしまいます。今日の聖書の箇所でも、イエス様に従おうとする人たちが、いろんな口実をつけてそれを先送りにしようとしています。ある人は『まず私の父を葬らせてください』、またある人は『家族に別れを言いに帰らせてください』と。けれども、イエス様は何よりも大切なのは「今、委ねて一歩踏み出すことなんだ」と言って下さっているのです。ですから、神の呼びかけに従おうとする時、ただ前を向いてキリストの背中だけを追い求めてついていく事をお勧めしたいのです。そうして一歩を踏み出す時に、神が道を、そしてその道を歩んでいくために必要なものを全て与え助けてくださることに気付かされ、ついには後についてくるようにとの呼びかけは私たちの幸せ・祝福のために言ってくださっていたのだと知ることができるのです。
●私自身、最初は自分には無理だと思ったこのスティーブンミニストリーへを押し出された事を今、とても感謝しています。これからもご一緒に、この教会で「私についてきなさい」と呼びかけてくださるイエス様のその声に勇気を持って、前を向いて、今、一歩を踏み出していきたいと思います。
 

2015年 3月15日 「チャーチ・ファミリー」ジョージレアノさん(信徒奨励)

3月15日 主日礼拝信徒奨励要旨
「チャーチファミリー」ジョージ・レアノ
エフェソの信徒への手紙2章 17~22節


●理想的な家族はというと、それぞれに色んな家族を思い浮かべられるでしょう。また、チャーチファミリー(教会の家族)というと皆さんは山本先生の家族を思い浮かべられるでしょう。今日はその牧師の家族ではなく、「日語部の家族」の事をお話したいのです。
 妻が肩の手術を受けた後、私は仕事が多忙で、妻もほとんど動けない状態でした。その時、日語ファミリーが助け、食べ物を持ってきてくれました。そして、なにより有りがたかったのはお祈りをしてくれた事でした。妻と私の家族は遠くに住んでいますので、日語部のサポートはとても重要だと感じているのです。
●チャーチ・ファミリーはとても良いものです。なぜでしょうか?意見も違う時もありますし、一人一人のパーソナリテーも違います。しかし、基礎が共通なんだと私は思います。家を建てる時は強い基礎がなければいけません。私たち教会の家族の共通な基礎はクリスチャンであることだと思います。ただ、それは洗礼を受けたかどうかではなく、神さま、イエスさまを求めて歩もうとする「信仰」と言っても良いでしょう。その意味で、今日ここに集まった全ての人が家族だと思います。
●聖書ではエフェソの信徒への手紙にこのような言葉あります。
「あなたがたは・・・聖なる民に属する者、神の家族であり、使徒や預言者という土台(聖書の意味)の上に建てられています。そのかなめ石はキリスト・イエスご自身です」。
聖書は私たちの基礎として一番大切なのはイエス・キリストだと教えています。優しく 愛に満ちた、イエスさまが私たちの間にいてくださり、人と人とが結び合わされる。だから、教会の家族はあたたかく、支えとなるのです。
●私は小さいころはクリスチャンスクールに通っていました。その頃は単純な子でしたのでクリスチャンの道を歩くのは当たり前だと思っていました。高校2年のころアメリカに移り、私の姉と義理の兄の家に住む事になりました。そして後にインデアナ州の大学に出ました。その時、分かれ道に当たりました。
私たちは皆、若い頃、世界を広げたくて 「マイウェイ(自分の道)」 を選んできたのではないでしょうか?私は「自分の道」をえらび、自分の好きな事をやつていました。そして、クリスチャンである事が都合悪くなってきました。長い間、私は自分の事ばかりを考え、その道を歩いていました。
自分の道を選び、つき進んでいくときに行きづまりを覚えました。物足りなさを感じました。そして気がつけば 温かな家族である教会に、イエスキリストの道に方向を変えていました。
神さまは時に方向をかえるチャンスを私たちにあたえます。まるでパイロツトが飛行機の方向をかえるようにです。 いまは、自分も教会の家族 チャーチファミリーのために何かをしたいと思うようになりました。そこに喜びや感謝があります。
●今年の私たち日語部のビジョンはメンバーを60人に増やす事です。その深い意味は何でしょうか?ただ人数を増やすという事ではなく、私たちがクリスチヤンとして、イエスキリストの愛をもって一人でも多くの方を歓迎(ウェルカム)し、あたたかな家族を増やすという事だと思います。ご一緒に励んでまりましょう。