2019年 3月10日「神を信じ忍耐して」 主日礼拝

「神を信じ忍耐して」 山本一牧師

ルカによる福音書4章1-13節

●「人生、思い通りにならない」と感じる事の多い私にある牧師が次の言葉をくださいました。
「思い通りに行かぬことばかり。思い通りになら なくてよかった。思い通りになっていたら大変 だった。 神様の御心が一番」
そして「行き詰まりと、失敗ばかりの人生だが、そのつど、神様の方に目を向けられてきた」とその牧師は話してくださいました。思い通りに行かないその事を通してこそ本当の意味で神を知るのだと教えてくださったのです。
●本日受難節第一節に与えられた聖書は、イエス様を悪魔が誘惑したという箇所です。
「悪魔」がイエス様を3度誘惑しますが、その内容は「神の子なら石をパンに変えてみてはどうか」。そして次に「もし私に跪くなら、この国の一切の権力と繁栄を与えよう」。そして、最後に、「神殿の屋根から飛び下りて見よ。神が助けてくれるはずだから」。というものでした。 
もしもそのような力が与えられたら、恐らく人生全て思い通りに事が運び、ストレスも無く、苦しまなくてすむというような内容です。しかし、聖書はそれらすべての事が「悪魔」の誘いなんだと告げているのです。そして、イエス様はそれを退けられたのです。
この話は、何でもすぐに思い通りになる人はこの世にはいないという事、そして、そこに必ずしも、神のみ心や神の恵みがあるわけでは無いという事を教えているのです。そして何よりも大切なメッセージは、そのように、不自由さや限界、不安や困難を避けられない私たち人間と共に忍耐強く生きる決意をイエス様がされたのだということです。実際に、イエス様は身をもってその十字架の死にいたるまで思い通りにならない人生を生きられ、同時に父なる神に希望を置き、父なる神のみ旨を信じて歩み抜く事を示されたのです。
今日の箇所の最後に「誘惑する悪魔は離れ去った」とありますが、悪魔は後に戻って来ます。それはイエス様が十字架につかれる前、ゲツセマネというところで祈っていた時です。

イエス様に十字架の死が迫ってきました。逃げ出す事もできたでしょう。しかし祈りの果に裏切り者のユダが向かってきた時、イエス様はここにも神のみ旨があるに違いないと立ち上がり、その運命へと向かっていかれたのです。このイエスさまの姿は「自分の望む道が開かれない事はある、けれども、信じて歩むなら、そこに必ず神の「御旨」がある。だから共に忍耐して歩みましょう」という励ましのメッセージを伝えているのです。そして復活という出来事によって、そのことを立証されたのです。
私たちの思い通りにならない歩み、そこにイエス様が共におられ、そこに深い恵みがある事を聖書は証しているのです。
●来週日本に本帰国される石井さんご家族との交わりを思う時にも、苦労の多い異国の地で助け合い祈り合う素晴らしい時が与えられました。深い感謝や決して忘れる事のない心温まるような思い出といった何にも代えがたい恵みは、すぐに解決されない問題や困難な課題がある只中で、助け合い祈り合う事を通して神様から備えられたのだと感じるのです。思い通りにならない時「神はいない」のではなく、思い通りにならない時、人を通して、神を、キリストを知る事ができる、それが「信仰者の交わり」教会の素晴らしさです。
●私は「教会」を思う時に、日本のある土地を思い起こします。日本の屋久島です。
日本の屋久島で数千年生きている屋久杉は、置かれた厳しい環境の故、他の木々と繋がりゆっくりと成長し、丈夫な木とされます。人もまた様々な環境的制約や人間の限界、弱さを持っています。しかし、そのような中で共に忍耐し、神に希望を持って育まれる命は、美しく、また強くされるのだと信じたいのです。ご帰国される石井さんご家族の歩みがそのような神にあって豊かに成熟される歩みとなりますように。また、これまで100年以上もこの土地で生き抜いてきた日語部は、ゆっくりかもしれませんが、これからも成長し、人に希望を示し続ける素晴らしい群れとなっていく事を信じています。共に忍耐しつつ、希望をもって歩んでまいりましょう。

2019年 3月3日「春を待つ信仰」 主日礼拝

「春を待つ信仰」 山本一牧師

ルカによる福音書 9:28-37

●この度の冬季休暇、雪深いシャスタ山に行く道すがらアーモンドの花が美しく咲き始めているのを見、寒い日が続く中にも春の到来を感じました。厳しい冬も必ず終わり春が来る、この事は私たちの大きな希望です。
●先日私たちの教団「合同メソジスト教会」の特別な会議が開かれました。世界中のUMCのリーダーたちが集まり決議した事柄はLGBTQの方々に開かれた私たちの教会にとって厳しいもので、同性愛を禁じる文言が、私たちの教団の規則に残され、実質LGBTQの方々を教会から排除するような決定となってしまったのです。今や、この教団の歩みは冬に入ったと言わざるをえません。そのような中にあって、今最も必要なのは「希望を持って歩む一人一人」です。それは寒さの厳しい冬を生き抜いていくような歩みかもしれません。しかしイエス様がまさにそのような歩みを先頭に立って歩まれた事を思い起こしたいのです。
●イエス様の人生にもそれぞれの季節がありました。田舎町ガリラヤで慕われる仲間たちと共に豊かに活動した「ガリラヤの春」と呼ばれる時代。寝る暇もないほど忙しく人を愛し、癒やして働かれた充実の夏、そして、当時の権力者から命を狙われるような不穏な空気が流れる秋を駆け抜け、さらには十字架に示される辛く厳しい冬を迎えられたのです。
聖書はイエス様がその冬(受難)の歩みを先頭を立って進んでいかれたと記しています。なぜイエス様はそのように受難の時を力強く生きることができたのでしょう。今日の聖書はそのヒントを教えています。
●ある時、イエス様は一番近い弟子達を連れて祈るために山に登られました。そしてそこで「モーセとエリヤと共にイエス様がエルサレムで遂げようとしておられる最後について語り合っていた」といいます。つまりイエス様は、過去の神を信じ生きた代表とも言える二人の生き様に触れ、励ましを受け「信じ生きる者を神は見捨てない」というメッセージを信仰の先達から受けておられたのだと思います。そして、直前の箇所でイエス様が「たとえ十字架の死を迎えても復活する」と予告されたように、厳しい冬の後に必ず春が来る、という信仰がイエス様の受難の歩みを支えていたのだということを私たちは知らされるのです。
●弟子の一人のペトロはその山の上に仮小屋を建てて、皆で住む事を提案をしました。しかし、イエス様は山から降りて、危険と困難が渦巻くこの世に飛び込んでいかれたと記されています。これは、仲間だけの安全な場所から全く違う価値観の人々と共に生き、痛み、苦しみを甘んじて受け、忍耐しながらも対話していく場所へ出ていく事がキリストの道であり、キリストに従う私たちの道でもあるのだと教えているのではないでしょうか。
そして、ペトロが聞いた神の声「これはわたしの子、選ばれた者、これに聞け」は、この厳しい冬を思わせる世の中にあって、イエス様はいつも私たちの苦しみを理解し、寄り添ってくださるという約束の言葉なのです。人の無理解と虐げの中で「私もそうだったよ、でも神を信じ、愛を信じ、謙って希望を持って歩む時に、父なる神は絶対に私を見捨てない、最善の道が開かれるんだよ」と言ってくださるイエス様がいてくださる事を共に信じていきたいのです。
●先にお話した教団会議の厳しい決議を受けて、すぐに私たちの地域のビショップ達がビデオで、メッセージを発信されました。そこに困難な時にあっても、希望を持って歩むあのキリストの姿を見る思いがしました。
 季節は春を迎えますが、これからの世の中はますます生きにくい時代に入っていくかも知れません、しかし苦しみを知って下さる主がいつも私たちには与えられており、また、希望を持って歩もうとする信仰の友が与えられているその事を信じ、私たちは連体し、共に神さまが必ず備えられる「春」を待望み、冬を思わせる様々な状況にあっても、先頭に立って歩む群れとなりたいと願います。


2017 Sep.3 Joint Worship George Leano (English)

Good morning. My name is George Leano and I am a co-lay leader in Nichigo bu and many of you may know me as Mary Leano’s husband. She was addressed a few times during last week’s Compassion Sunday service.

I am pinch-hitting for our pastors who are in Yosemite where our church family camp is being held this Labor Day weekend. For those who are here for the first time, I must throw out a disclaimer that our pastor’s messages are much enlightening than mine.

Many people experience challenging environment not only to become a Christian, but to continue with growth in faith. 

I am from a tiny Japanese island or Ryukyu Island of Okinawa located in between mainland of Japan and Taiwan. If you zoom in the island in Google Map, it looks like a big island but when you zoom out to see its relative location to the U.S., it becomes just a spec on the map.

If you have a chance to visit Okinawa which some of you may already have, you will notice turtle-back shaped tombs even from a main highway. They are everywhere. In each tomb, there are cremated remains (not ashes) of ancestors from a line of individual family. 

SnapCrab_NoName_2017-9-14_11-48-58_No-00.png

On my mother’s side, Oyadomari family has a tomb in the south of the island where my ancestors’ cremated remains are kept.  Once a year in April, there is a day of honoring our ancestors called “shii mii” which each family is obligated to visit their family tomb. As a child, I remember helping to clean around the tomb pulling weeds out since the adults won’t let me handle sharp objects like sickle to cut grass.  

Once the cleaning is done, a feast is brought in front of the tomb and offered to our ancestors. And then the best part, we get to eat afterwards.  

Also, many Okinawan households have a “buchi dan” (butsu dan in Japanese) with ancestors’ name plates on “tou tou mei” or a plaque.  This is where one would pray to their ancestors at home. 

Many Okinawans also rely on “yuta”, a so-called fortune teller. Although from my experience, they are more than a fortune teller. Okinawans typically ask for yuta’s advice for anything from information about their future spouse, who they will be marrying in the future to their health conditions. When my mother looked for an apartment, almost always, she would have a yuta check it to see everything was okay before she signed a lease.

Many Okinawans also practice Buddhism and my mom at one time was a Buddhist. 

So worshipping ancestors, having experienced yuta, Buddhist influence, and other Okinawan beliefs were not conducive to become a Christian.

However, my mother was a single parent and very frequently, she did not conform to typical Okinawan traditions. Instead of sending us to a Japanese school, she sent my two older sisters and me to a Christian school started and run by evangelical missionaries. Interestingly, this school was built on a top of a hill where a fierce battle was fought during WWII. The hill was called Hacksaw Ridge which some of you  may have watched the movie. It is be-fitting that a Christian school, which teaches love and peace, stood on this en-battled hill.  The name of this school is Okinawa Christian School, OCS for short and now they have added “International” at the end. 

SnapCrab_NoName_2017-9-14_11-49-9_No-00.png

 During one of my elementary years, I accepted Christ and became a Christian. Daily teaching of Bible was part of our mandatory curriculum and every Sunday, one of our teachers would pick me up in the morning to take me to church. After Sunday school, as I clearly remember to this day, we would listened to a comical, but effective pastor, Pastor Taylor, preach. The school and the church were where I was building my Christian base.

Against all odds as my chances of being and staying a Christian in Okinawa was slim in the environment I was in, I felt blessed to have an opportunity to attend school centered on Christian faith and helped make my Christian base much stronger.

At a certain point, when my mom used to tell me “put your hands together and let your grandparents know you came to visit them” at the butsu dan in my uncle’s house, I would silently pray to my God and ask for forgiveness that I am pretending to worship my grand parents. This, I believe, was because of my base taught at my school

But, my challenges would not end there.

I was immersed into more challenging environments.  When I was in a second year of high school at OCS, I left Okinawa to live with my oldest sister and brother-in-law in Indiana. I started making new friends and soon afterwards, I felt as though I was living in a sheltered life. I stopped going to church and selfishly, spent my Sunday mornings sleeping in and hanging out with my friends or watching football games. When I started college, I even became more detached from God especially after joining a fraternity. From the movies many of you might have seen, “frat” brothers do wild and stupid things. They are nothing like that. They are worse.

There were more times in my life I went astray, but God would always find His way to reel me back in, because I had my base. And, again, I would steer myself back to church where I can re-construct my fragile base. 

Almost 9 years ago, my wife and I moved to the Bay Area from a Chicago suburb. After we settled, we tried different churches including Wesley, but we just couldn’t find one that we felt we can make it our church. In 2012, after a year of house hunting, God blessed us with a house near downtown San Jose and not far from Japantown. So, we decided to give Wesley another try.

And today, I attend this church with many who can and have helped me with refining my base, my foundation.

One main influence that transformed my base was Rev. Hajime’s dedication to serving our Nichigobu and Eigobu members. He has empathized, comforted, and advised even non-Christian seekers and strangers.  One time, with his knack of persuasion, we got talked into hosting an unexpected visitor from Japan, Toru,  whom we impacted his life by showing what we Christians do for others.  Some of you here met him and helped him too. This was over a year and a half ago, but to this date, he keeps in touch and still appreciates what we have done for him.

Also a couple who are good friends of my wife and I are seekers and I look forward to help them to get to next steps. We also have mother and son attending our church since their involvement with ministry through Japanese class we held here at Wesley. Rev. Hajime has given me these opportunities to contribute and added a few more bricks to my foundation.

 I believe our Christian base gets adjusted, as we grow in our faith. As I summarized my base now, it contains pretty much the same principals as the ones Wesley teaches. Love God and love one another which also include helping those who are in need and doing no harm to them, excluding no one.

1 Thessalonians 5:11states “Therefore encourage one another and build one another up, just as you are doing”.

 

Let’s remember to encourage others not only in bad times but in good.  Let us help each other to grow our Christian base, our spiritual foundation together.

 

 

Thank you.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年 11月20日「蒔かれた種が実る時」 収穫感謝日礼拝

11月20日 主日礼拝説教要旨
「蒔かれた種が実る時」   山本一牧師
マルコによる福音書14章1節~11節

●農業では、種を蒔いても全てが順調に育つのではありません。収穫には困難もつきものです。私達の人生も同じようなものです。夢や目標のために努力し、それがすぐ達成される事もあればそうでない事もあります。今日は「長い時を経てみのる実りもある」ということを味わいましょう。
●江戸時代に日本の屋久島に上陸したシドッチ神父はイタリア人宣教師でした。彼はローマ法王庁より日本に派遣されるにあたって、少ない資料から3年間必死で勉強しました。しかし、それが実ったかというと決してそうではありませんでした。
上陸した時、彼は異様なちょんまげを結い、刀を差して武士の姿に変装していたというのです。その異様な姿はさすがに目立ち即日役人に捕らえられ、江戸へと送られてしまいます。そして牢獄で生涯を終えたというのです。これだけ見ると彼の宣教は失敗ですが、後に全く予想しない実りが実ることになったのです。
●シドッチ神父を江戸で取り調べたのは当時の知識人新井白石。彼は誠実なシドッチ神父の人柄に惹かれ、彼の言葉を書き残します。そして有名な書物『西洋紀聞』を書き上げるのです。そこには「地球は丸い事、5つの大陸があること等の知識が記されていました。彼は1714年46歳にして獄中で無くなりましたが、その貴重な世界の情報は幕府の指導者達の間で受け継がれ、19世紀半ば、日本が開国を迫られた危機的状況にその本が、日本の方向を決定づける大切な判断材料の1つになり、日本が世界に開かれていく一つの大きなきっかけとなったのです。シドッチ神父の計画と夢は本人が全く意図しない形で160年かけて大きな実りを実らせたのです。 ●今日の聖書はイエスに香油を塗った女性のお話です。ある食事の時、彼女はイエスに約300万円相当の香油を注ぎかけました。周りの弟子たちは、もったいないと言って激しくこの女性を非難しました。けれども、イエスはその女性に対して「この人はできる限りのことをした。」と言い、これは自分の埋葬の準備となると言われました。
自分のことしか見えていないように見える彼女の行動ですが、ただ主イエスを思い、最高の愛をもって精一杯主イエスに仕えようとしたこの女性の業は、最終的に神のご計画の中に入れられていくのです。
●私達は自分に自身が持てない事も多く、何かと気にして行動できなくなる時もあります。また時にこの女性のように、良かれと思ってしたことが周りから見るとそうではなく非難されてしまうと言うことも多々あります。
けれどもイエス様は「それでいいんだ」と言ってくださるのです。私達人間が与えられた環境においてイエス様の喜ばれることを!と思い最高の愛を込めてできる事をなしていく。それを神様は喜んでくださるのです。すぐには評価をされない事もあります。けれども時を経て神さまの業の一端を担っていることがあるんだというのです。そのように時を経て実る実りがあるのです。
●たった一度しかない、かけがえのない人生をイエス様を信じて思い切って生きましょう。それが、かならず時をえて、実を結びます。また私たちが出会う人、職場や教会にもに違いがあります。自分が望む実りがすぐに実る事もあるでしょう。けれども、長い年月を経て実るものもあります。その事を覚えて、実りを信じつづけるキリスト者となりましょう。私たちのつたない歩みから「豊かな実り」を生み出してくださる神さまの力を信じて。

 

2016年 11月13日「仕え合う幸せ」

11月13日 主日礼拝説教要旨
「仕え合う幸せ」 山本一牧師
マタイによる福音書5章1~12節

●先日の大統領選挙以来、多くの方が不安を覚えています。私は今のアメリカが、事業家であり不動産王である候補者を選んだところに、この国が経済の発展を第一に望んでいる事を強く感じ、少し経済偏重が行き過ぎではないかと感じました。今は、むしろ人の本当の幸せはどこにあるのか問う時ではないかと思うのです。
●時々、漢字というのは面白いなぁと思います。「幸せ」という漢字は「土」という字と「¥」という字にわけられます。土地と、お金があれば幸せだと言う風に読めます。その通りに、90年台は土地と日本円があれば幸せが得られるという幻想に人々は狂いました。しかし実際はバブルに過ぎず、お金や土地を追い求めた結果、幸せになれたかというと、そうではなかったのです。
●聖書は幸せについてどのように語っているのでしょうか?今日の福音書は有名なイエス様の山上の説教の始まりで「幸せ」について語っています。しかし一見するとあまり幸せそうではない事ばかりです。
「心の貧しい者は幸いである」これはギリシャ語では「プネウマ(霊・息)が貧しい」と書かれていまして「霊的に貧しい」(元気のないような人)とか、「息も絶え絶えな、弱っている人」という風にとれるのです。「柔和な人」も英語ではMeekで、「意気地がない人」と訳したほうが良いでしょう。また「悲しむ人」、や「正義のために迫害されるもの」も到底幸せそうには見えません。実に、これらの人は皆、この社会で少数者であったり、抑圧されていたりするものたちを示しているのです。
そして英語ではこの「幸せだ」という言葉はHappyではなくBlessing(祝福)です。神さまからの祝福があなた方にある。という うことなのです。言い換えると迫害されて、おびえ、悲しんでいるような、あなた達には私、神の子イエス・キリストがいるということなのです。
●私は、この度、本当にそうだと感じました。この度の選挙以来、誰が一番不安の中にあるだろうと考えた時に、ハッと、先日隣の教会のミニストリーで出会った近隣のヒスパニック・ラティーノ系のご家族のお顔が浮かびました。様々な事情で不法滞在になっており、公的支援をうけられない家族でした。
私は、そのご家族の事が思い浮かんだとたん、心臓がドキドキ、息苦しくなる思いでした。そして丁度祈祷会をしておられたので駆けつけるとその家族のご主人が日雇いの仕事を求めて行った店の前で取り囲まれて不法移民である事を責められたそうです。また、子どもたちは親と離れ離れになるのではないかと恐怖を抱いていました。
私たちは皆で手を繋いで祈りました。
私は「息の絶え絶えな人は幸いだ」「悲しむものは幸いだ」そのような言葉の意味が本当にわかっていませんでした。でもこの時、あぁここにイエス様が目には見えないけれどもいてくださるんだ、と感じたのです。そしてこのご家族を思うと、不思議と力が湧いてくるように感じたのです。
●幸せという漢字の話をしましたが、昔、幸せとは「仕合せ」とも書いたそうです。互いに仕え合う間柄に幸せがあるんだという風にとれます。
誰が国のリーダーであっても、厳しさや悲しみ、苦しみはこの世からなくなりません。大きな権力のうねりの中で、私たち教会にできることは、今一番弱り悲しんでいる人に寄り添っていくことです。そこにイエス様の慰めと励ましと支えが感じられるのです。そのような、互いに仕え合う中で与えられる本当の幸せを教会は求めていきたいと思います。

2016年 11月6日「生きている者の神」

11月 6日 主日礼拝説教要旨
「生きている者の神」   山本一牧師
テモテへの手紙一1章12~17節
ルカによる福音書20章37節~38節

●人間が造ったのではない「豊かな自然」は人に感動を与えます。しかし、科学技術の発展は人間に快適な生活を人にもたらす一方、私たちの環境を「命あるもの」ではなく「命の無い」無機質なもので埋め尽くそうとしています。そして人は「生きた物」との関係を奪われ、本当に大切な何かを失っているように感じます。
●スペインの建築家ガウディは「自然界には直線はない。直線は人間が作り出したもの、神の創った自然なものは曲がっているのだ」と言いました。「命あるもの」は曲がっているのです。私たち人間も同じです。人は素直になれなかったり、上手に生きられなかったりする存在なのです。だからこそ忍耐や愛や感動やドラマがそこに生まれるのです。教会に色んな人が集っている事は何と素晴らしい事でしょう!
●聖書にでてくる人物も一人残らず、完璧ではなく、性格も人生も曲がりくねっています。テモテへの手紙は使徒パウロの人生について語られています。使徒パウロの自身「わたしは、迫害した者で、罪人の中で最たるものです。」と延べ、「キリスト・イエスは、罪人を救うために世に来られた」という言葉は真実であり、そのまま受け入れるに値します」と言っています。
正しい人、真っ直ぐな人ばかりだったら、イエス様は必要ないのです。実際に、私たちは生きている以上、誰一人、完全に真っ直ぐには、なりえないのです。そんな私を憐れみ、私を救うためにイエス様が十字架にかかってくださったのです。そんなパウロの信仰、感謝がここに溢れています。 神さまはそのようにして不完全な私たちに憐れみと恵みを与えて、神さまの御用に用いようとされるのです。
●後から読みました福音書ルカによる福音書にはこのような言葉がありました。
「私はアブラハム、イサク、ヤコブの神である」また「神は死んだものの神ではなく、生きている者の神だ」というイエス様のこれらの言葉に心を打たれます。
アブラハムも、イサクも、ヤコブも、ユダヤ人にとっての偉大な先祖とされていますが、旧約聖書を読むと度々失敗して、ひどい事もしています。彼らも私たちと同じく罪も犯し、また同時に神さまに従いたいと思う気持ちもある。そんな生きた人間だったのです。しかし神さまは、そんな決して真っ直ぐではない、「生きた人間」の神であり続ける、と宣言されたのです。
私たち人間は速さや快適さを求めます。真っ直ぐさを求め、従順で無機質な者を愛します。けれども、神さまは違うのです。生きている者、不完全で曲がっているものを愛されるのです。
生きたクリスチャンとは、完全な人になる事をめざすのではなく、不完全な私たちである事を日々覚え、感謝のうちにあのイエス様の愛をもって互いに祈りあい、励ましあって歩んでいくのです。
●吉野弘さんの詩『祝婚歌』はそんな生き方をよく表しています。「完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいているほうがいい」「立派でありたいとか 正しくありたいとかいう無理な緊張には色目を使わずゆったり豊かに 光を浴びているほうがいい」「生きていることのなつかしさに ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい」不完全な、そのままの私達と共に生きる主に感謝します。

2016年 10月30日「主の信頼を受けて」

10月30日 主日礼拝説教要旨
「主の信頼を受けて」 山本一牧師
ルカによる福音書19章1~10節

●ひと月の間、日本で両親と共に沢山の時を過ごす事ができ感謝でした。未熟な私を誰よりも私を信頼し、根気強く支え導いてくれたのは両親でした。
父はお米の研究者で、小さなお米の一粒の中に込められた無限の可能性を信じ、研究に取り組んでいました。父は本当に頼りない私という存在に対しても、その内なる可能性を信じてくれていたように思います。そしてその「信頼」こそが、有り難かったと、今、心から感謝しています。
●使徒パウロは自らが生み出したコリントの教会に何度も手紙をおくります。派閥争いなど様々な問題があった教会と信徒に対してパウロは、繰り返し「あなたたちには神の霊、命が宿っている」と語りかけているのです。あなたがたは「神の神殿」「神の実りを生み出す畑」や「尊い恵みを内に入れる神の器だ」という言葉です。
初代教会を支え、成長させたのはこのパウロの「信頼」だったのです。そして福音書は、イエスさまこそが愛と信頼をもって人と出会われたのだと告げているのです。
●今日の福音書はザアカイのお話でした。
ザアカイは人々から税金を取り立て、ローマ帝国にそれを治める徴税人で、当時のユダヤの民たちからは、裏切り者で私服を肥やす罪深い人だと考えられていました。
そんなザアカイですが、彼の心はどこかで神を求めていました。イエス様が近くを通られると聴き、背が低いザアカイはいちじく桑の木の上にまでのぼってイエスを見ようとしたとあります。そんな彼にイエスさまは目をとめられました。そして、「今日はぜひあなたの家に泊まりたい」と声をかけられたのです。
 イエス様は表面的な部分をみてザアカイを責めず、その彼の心の奥底に微かに、けれども確かにある神への信仰を見て、私はこういう人の内に宿り「内なる信仰」を燃え上がらせるために来たのだと言わんばかりに、声をかけられたのです。
9節の「この人もアブラハムの子だ」と言う言葉はこのザアカイも偉大な先祖と同じく神への信仰をもった一人だ、という信頼と愛に満ちた言葉です。実にそのようなイエス様の信頼がザアカイの人生を変えさせました。彼は「財産の半分を貧しい人に施す」と言いました。ザアカイは信頼された喜びと共に変えられたのです。
●表面的な部分を見て、すぐに罪人だと判断がくだされるようなユダヤ社会の中にあって彼を信頼する者はなかったのでしょう。今の時代も同じです。少し変わった行動や、言葉でその人の全てが図られ、否定さがちです。私たちは人や物事の悪い一面だけを見て過剰に不平を言い、あきらめてしまいます。しかし今もイエス様だけは全ての人を信じる事によって「溢れる喜びと共に」人を変えていっておられるのです。
●私自身この度、日本でお世話になった教会を再び訪ねてみて、本当に未熟な私が教会の牧師や人を通して、この主の信頼と愛を受けて、喜びと共に変えられてきたのだという事に気づきました。「教会は人を育むことのできる最高の土壌」です。信じがたきを信じる神の愛があり、人を豊か成長させて頂く事ができる場所です。
ぜひ教会に繋がり続けて下さい。どれだけ自分が小さく思えようともイエス様は「そんなあなたの心に宿りたい」と私たちの小さな信仰を力づけ、励まし、そして本当に幸せに生きる道へと導いてくださるのです。そして、私たちも互いに心の奥そこにある信仰の輝き、可能性信じあい、歩んで参りましょう。

2016年 10月9日「Who I am?」 山本知恵牧師

10月9日 主日礼拝説教要旨
「Who am I?」 山本知恵牧師
テモテへの手紙Ⅰ 3章14~16節

●先日の水曜日の黙想礼拝で、キース牧師はサンタクルズの美しい海と大自然の中で作られたというポエム(詩)を紹介してくださいました。それは、小さな海辺の生き物に焦点をあてて書かれた、わたしたちの「存在」とは一体何なのかという問いを静かになげかけてくれる内容のポエムでした。
●わたしは昨年、「鬱」という状態を経験しました。いろんなタイミング、また体調、ショックな出来事など、様々なことが重なったり、小さなことが引き金となって、人間は心も病にかかるのだと感じました。私はこの時に、生まれてはじめて、「Who am I?」という問いを自分自身に問いました。
イエス様は「疲れたもの、重荷を負うものはだれでもわたしのもとにきなさい。休ませてあげよう」と言われた後にこう続けて言われました。「わたしは柔和で謙遜なものだから、わたしのくびきを負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」
●私達は知っています。イエス様が負われた荷というものは、決して軽いものではなかったということを。誰よりも重く、イエス様ご自身にも決して負いきれない重すぎる重荷で 
はなかったでしょうか。ここで、「わたしに学びなさい」という言葉に大きなヒントがあるのです。私たちは、イエス様の生きざまを通して、またイエス様の「命」を通して、本当の意味で神を知ることがゆるされているからなのです。
イエス様の荷がなぜ軽かったのか。イエス様のくびきがなぜ負いやすかったのか。それは、イエス様がいつも、自分はだれなのか、自分は一体どこにつながっているのかを問い続け、見出していたからではなかったでしょうか。私自身が「わたし」を見失ったとしても、わたしのいのちに意味を見出し、わたしの命を愛しぬいた方が、どんな時もわたしを見出していてくださるということに、わたしたちも気づいていたいと願います。どこにいても、どこで倒れていても、どこでのたれ死んだとしても、道をあやまったとしても、もと来た道を引き返してしまったとしても、必ず、この方がわたしを見出して、その小さな、塵のようなこの恥ずべき私の命を、だれよりも愛していて下さることに、目を開かれていたいのです。
●わたしは誰なのか、そのことをいつも問いながら、同時に、神を見上げて「あなたはどこにいるのか」と私たちも神を探し求めていきましょう。

 

2016年 10月2日「わたしたちの教会」 塚本旨兄信徒奨励

10月 2日 主日礼拝信徒奨励要旨
「わたしの教会」 塚本旨
テモテへの手紙二1章1-14節

●二週間前の礼拝後、日語部ではビジョンミーティングとして、私たちは教会に何を期待するのか、ということを話合いました。癒しの場、奉仕の場、また牧師の人柄、といった希望や期待がある中で、教会は信仰を育てる場所であることも忘れないで、という意見もその後の話し合いで聞かれました。今日の聖書の箇所は丁度その信仰についてイエス様が語っておられるところです。
今日の聖句の「からし種」は、聖書の世界ではいつも「小さなもの」を表し、また同時に「信仰」をも意味します。でも考えてみると、日本語でも英語でも「大きな信仰」という言い方はキリスト教の中ではありません。むしろ「深い信仰」という言葉を使います。イエス様はどういう意味で、この「からし種」のお話をされたのでしょうか。小さな信仰ではいけない、もっと育てなさい、ということなのでしょうか。今日はこのことをこれまでのウェスレー日語部を牧してくださった先生方の言葉から考えてみたいと思います。
●大友愛郎先生は1978年から1988年まで、ウェスレーに居られました。1983年にハドソン川で船の事故があり、犠牲者も出たのですが、その時乗客を救うために川に飛び込んだ人々を見て、「彼らをクリスチャンだと勝手に決めつけるな!」と言われました。先生はまだ若い頃、横浜の教会で近くの風俗産業に従事する人々を教会に迎え入れ、そのために教会を去る人も出てきたことがあります。「教会ってね、罪びとが集まる所なんだよ」、というのが先生の信条でした。でも「自分が罪びとであることを知ってる人たちなんだよ」。だから立派な人がクリスチャンというわけではない、ということなのです。
●次に来られた荒谷先生は、いつも「あるがままの自分」を受け入れてくださる神様を語っておられました。どちらの先生も小さな人、小さな信仰、を大事にしておられたのです。このことは今日の ルカ書の後半、主人に従う僕の譬えにも現れています。小さい者であるがゆえに主人に、そして神様に従う人でありなさい、と。つまり、信仰は小さなものでなければならない、とも言えるのです。
荒谷先生の後に来られたのは塚本先生でした。阪神・淡路大震災の時神戸に居られ、自分の教会を開いて避難した多くの人々を迎え入れました。でも、状況が落ち着いた後、その中から教会に連なる人は一人も現れませんでした。でも「もし同じことが起こったら、私は同じことをします」と断言されたのを今でも覚えています。
●塚本先生の後は松下先生でした。とても誠実な先生で、病や老齢の方々をいつも訪問し、請われれば決して上手とは言えない歌を、精いっぱいの声で歌っておられました。「私は小さな事しかできませんが、それで愛を感じてくださる人がいるのなら、いつまでもやり続けます」という先生の言葉は、その人柄を良く表しています。小さな自分だけど、御言葉に従っていけば、神様が自分を通して働いてくださる、という信仰です。どちらも、深い信仰があったからこその言葉です。
今日のテモテの箇所は詩を前にしたパウロが獄中で書いた最後の手紙です。恐れずに、教会を守るように、とテモテに諭しています。
●塚本先生の後にお迎えした西之園先生の時にジャズかつが始まったのを覚えておられる方も多いでしょう。実は当初、役員会はこのジャズかつに反対していたのです。とてもそんなイベントは今の日語にはできない、と。でもその時の先生の言葉は「私たちがやらなければ、一体だれがやると言うのですか」というものでした。東北の為だけではなく、今の日語を守る為にこそ、これをしなければならない、ということだったのです。
●私たちの教会はこうした素晴らしい先生方に恵まれて育ってきました。小さな「からし種」は今も小さなままかもしれません。でもこのウェスレー教会という畑の中で、その種がこれからも少しずつ深く根を下ろしていくことを願っています。

2016年 9月25日「門前のラザロ」

9月25日 主日礼拝説教要旨
「門前のラザロ」 山本一牧師
ルカによる福音書16章19~31節

●人には決して自由に動かせないものがあります。それが人間の心です。自分の心であれ他人の心であれ、それは神さまの領域だと感じます。
●今日の聖書は「金持ちとラザロ」のお話です。生前貧しく、苦しんでいたラザロと贅沢をして暮らしていた金持ちの立場が死後、逆転してしまうというお話です。このイエス様のたとえ話のポイントはどこにあるのでしょう。
今日の直前の箇所を見ると、ファリサイ派の人々に対してイエスさまは「あなた達は人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちの心をご存知である」と言われました。つまりイエス様は表面的な行いよりも「心」が大切だという事を教えるためにこの譬え話を話されたのです。当時のファリサイ派の人々は神の戒めを守る事には必死でしたが、その心に愛や同情が無くなっていたのです。それはこの譬話の金持ちのユダヤ人に重ね合わされます。
このお話の中で面白いのは、犬が登場するところです。時に人間よりもよっぽど動物たちのほうが私たちを慰めてくれると感じます。「犬が彼に寄って来てそのできものをなめた」とあります。この言葉には、犬でさえ彼を慰めたのだと皮肉を込めて言っているのです。
●ここにでてくる、金持ちとアブラハムのやり取りは全て「心」の事を問題にしています。なかなか聖書を読んでも変わらないような、自分中心な、律法主義的な心は人には変えられないのだと言っているのです。
金持ちは「こっちにラザロをよこせ」とか「わたしの兄弟のためにラザロを送れ」と言いますが。この言葉にもラザロに対する労わりや、彼を無視してきたことへの後悔の念が感じられません。彼が考えているの は自分とせいぜい身内のことばかりに見えます。しかし、私たちもまたこの人を無視にする事ができません。
●ではそんな自己中心的で貧しい人に同情できない人は死んだら地獄いきだといっているのかというと、そうではありません。
これは陰府の話だと記されていますが、ここにはイエス様は登場していません、先に死んだアブラハムだけです。そこで金持ちは苦しんでいるのですが、まだそこで悔い改める機会が残されているのです。この後で、その誰にも渡ることのできない陰府の大きな淵をイエス様が十字架にかかり死んで超えられて、その陰府にいる全ての人をも救われることを示されたのです。この金持ちも心動かされて悔い改め、イエスキリストによって救いと平安に入れられていくと言う可能性が残されているのです。
●イエス様は今日の例え話を通して、私達には「裁きの時」が与えられるのだと語られたのです。「裁きの時」というのは、いわば、「全てに気づくとき」です。「自分はこんなに愛されていたんだ」「赦されてきたんだ」など、振り返ってみて本当に何と自分は自己中心的だったんだと気づかせられる時がくる。それが聖書が教える「裁きの時」です。それは言い換えると「悔い改めの時です」それは今与えられるかもしれないし、明日かもしれない。死んでイエス様と出会い、初めて気づかせられるのかもしれないのです。そして低められて、大きな神恵みに気づかせられていくのです。
●私たちには自分で心を変えることはできませんが、必ずやそのような「気付きの時」が神によってもたらされるのだと聖書は告げているのです。これまではなんとも思わなかった「門前のラザロ」を思い、涙を流して、自らを神様の前にへりくだらせていく時が来る。そして、実はそこに神の本当の平安と救いがあるのだと聖書は、イエスさまは告げておられるのです。