2016年 9月25日「門前のラザロ」

9月25日 主日礼拝説教要旨
「門前のラザロ」 山本一牧師
ルカによる福音書16章19~31節

●人には決して自由に動かせないものがあります。それが人間の心です。自分の心であれ他人の心であれ、それは神さまの領域だと感じます。
●今日の聖書は「金持ちとラザロ」のお話です。生前貧しく、苦しんでいたラザロと贅沢をして暮らしていた金持ちの立場が死後、逆転してしまうというお話です。このイエス様のたとえ話のポイントはどこにあるのでしょう。
今日の直前の箇所を見ると、ファリサイ派の人々に対してイエスさまは「あなた達は人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちの心をご存知である」と言われました。つまりイエス様は表面的な行いよりも「心」が大切だという事を教えるためにこの譬え話を話されたのです。当時のファリサイ派の人々は神の戒めを守る事には必死でしたが、その心に愛や同情が無くなっていたのです。それはこの譬話の金持ちのユダヤ人に重ね合わされます。
このお話の中で面白いのは、犬が登場するところです。時に人間よりもよっぽど動物たちのほうが私たちを慰めてくれると感じます。「犬が彼に寄って来てそのできものをなめた」とあります。この言葉には、犬でさえ彼を慰めたのだと皮肉を込めて言っているのです。
●ここにでてくる、金持ちとアブラハムのやり取りは全て「心」の事を問題にしています。なかなか聖書を読んでも変わらないような、自分中心な、律法主義的な心は人には変えられないのだと言っているのです。
金持ちは「こっちにラザロをよこせ」とか「わたしの兄弟のためにラザロを送れ」と言いますが。この言葉にもラザロに対する労わりや、彼を無視してきたことへの後悔の念が感じられません。彼が考えているの は自分とせいぜい身内のことばかりに見えます。しかし、私たちもまたこの人を無視にする事ができません。
●ではそんな自己中心的で貧しい人に同情できない人は死んだら地獄いきだといっているのかというと、そうではありません。
これは陰府の話だと記されていますが、ここにはイエス様は登場していません、先に死んだアブラハムだけです。そこで金持ちは苦しんでいるのですが、まだそこで悔い改める機会が残されているのです。この後で、その誰にも渡ることのできない陰府の大きな淵をイエス様が十字架にかかり死んで超えられて、その陰府にいる全ての人をも救われることを示されたのです。この金持ちも心動かされて悔い改め、イエスキリストによって救いと平安に入れられていくと言う可能性が残されているのです。
●イエス様は今日の例え話を通して、私達には「裁きの時」が与えられるのだと語られたのです。「裁きの時」というのは、いわば、「全てに気づくとき」です。「自分はこんなに愛されていたんだ」「赦されてきたんだ」など、振り返ってみて本当に何と自分は自己中心的だったんだと気づかせられる時がくる。それが聖書が教える「裁きの時」です。それは言い換えると「悔い改めの時です」それは今与えられるかもしれないし、明日かもしれない。死んでイエス様と出会い、初めて気づかせられるのかもしれないのです。そして低められて、大きな神恵みに気づかせられていくのです。
●私たちには自分で心を変えることはできませんが、必ずやそのような「気付きの時」が神によってもたらされるのだと聖書は告げているのです。これまではなんとも思わなかった「門前のラザロ」を思い、涙を流して、自らを神様の前にへりくだらせていく時が来る。そして、実はそこに神の本当の平安と救いがあるのだと聖書は、イエスさまは告げておられるのです。