2016年 5月29日「新しい歌」

5月29日 主日礼拝説教要旨
「新しい歌」 山本一牧師
詩編96 1節~13節


●「唄を忘れたカナリアは象牙の船に銀の櫂月夜の海に浮かべれば、忘れた唄を思い出す」
このカナリアのように人は誰でも、恵まれた環境にあるなら、喜びの歌、讃美の歌を歌うことができます。しかし現実は厳しく、誰でも一度位、唄を忘れたカナリアになる、つまり昔のように喜びたくても喜べないという状況に陥る事があるのはないでしょうか。ただ、その様な時にこそ「新しい歌」が与えられるのだと今日は覚えたいのです。
●初めて着任した教会で幼稚園バスの添乗をしていた時、新学期に必ず親から離れられない子どもがいました。その子を母から引き剥がして乗せるのに最初は気が引けましたが、案外バスに乗せてしまうとケロッとして友達と笑い出したりするのです。
新しい喜びを見つける能力は大人よりも子どもの方が優れているように思いました。子ども達はこのように新しい喜びを発見し、自分の世界を広げていくのです。不安を伴う新しい環境は、苦しみでもあるが、それは新しい喜びに出会うチャンスでもあるとこの子ども達から教えられました。
●「新しい歌を主に向かって歌え」で始まる詩篇96編には全世界を震わすような溢れる喜びがうたわれています。
このような素晴らしい詩を残した旧約聖書の詩人たちにもまた喜びの唄を歌えなくなった時がありました。それはバビロニア捕囚(BC598年)という出来事です。国が滅び、囚われの身となり、自由や思想を奪われる生活が50年近くも続いたのです。
実はこの詩編、七十人訳と呼ばれる古いギリシャ語訳の聖書によると今日の詩編の最初には「50年間バビロンの地にあって労働者にならざるを得なかった時を過ごした後、神がそこから補囚者たちを連れ戻した時の唄」と記されています。  そしてまた、この初めの「新しい」という言葉は「今まで全く見たことのない」という意味の言葉が使われているのです。
彼らは国が滅び、もう昔のような繁栄の時は二度とこないのかと思いながら半世紀を過ごした後、外国の王による解放という、全く想像も経験もしなかった出来事、喜びを与えられたのです。
●私自身、いくつか教会を移る中で過去に教会に失望した事があり、昔に戻りたいと思ったことがありました。けれども、確かに昔の教会環境に戻ったなら元気を取り戻したでしょう、しかし私は一生その同じ環境の中でしか喜べない、つまり「古い歌」しか歌えない、そんな人間になってしまったのではないかと思わずにはいられません。そしてやはり、神様は辛い時期を経て、新しい自分の発見や成長、友など、「新しい唄」を与えて下さったと感じます。
●イエス様は「今貧しい人、飢えている人、泣いている人は幸いだ」とおっしゃいました。それは辛い時こそ主に出会う時だという事なのです。この世の喜びはいつか消えうせますが、決して消えない喜びをイエスキリストは私たちにくださると新約聖書は告げているのです。これが私たちに与えられた究極的な「新しい歌」です。
●ある方は亡くなられる前、ベッドの上で涙を流しながらこう仰いました。
「私はこれまで生きていることが当たり前だと思っていました。でも今になって朝、目が覚めるということがありがたい事だという事に気がつきました。神様に共にいてくださるイエスさまに感謝です。」
たとえ死を前にしても、神を信じ、イエスキリストを共に感じることができるなら、私たちは「新しい歌」を歌うことができるのです。一人一人に、イエスキリストが共にある事による決して消えない喜び、全く新しい唄が与えられることをお祈りします。