2016年 2月21日「十字架の意味」

2月28日 主日礼拝説教要旨
「十字架の意味」 山本一牧師
フィリピの信徒への手紙3章12節~4章1節


●映画「北のカナリアたち」(湊かなえさん原作2013年)は人間は誰でも生きる中で罪を犯し、人に迷惑をかけてしまうという事、そして同時に人は皆弱さを持っているがゆえに、人を理解し、憐れみ、赦しあい生きていくのだという事を伝えています。20年間罪に苦しむヒロインの小学校の元先生が厳しい父親に「お前は精一杯生きた。もう自分を許してあげなさい」と諭される場面を見て、一番赦すことのできないのは自分自身なのかもしれないと感じました。
●「罪」という言葉は元々、「的を外す」という意味の言葉です。一生懸命的を狙っても時に外れてしまうように、一生懸命正しく生きようとしても、そこから外れてしまう。それが罪という言葉の意味なのです。
今日のフィリピの信徒への手紙を書いた使徒パウロであっても、他の箇所で自分の事を「罪人の中で最たる者だ」と呼んでいます。
彼は、元々は熱心なユダヤ教徒で、誰よりも完璧に生きようとしていたファリサイ派のメンバーでした。しかし後に、どれだけ頑張っても完全にはなれないという事に目を開かれていくのです。そしてその自分の罪を赦すために、イエスキリストが世に来られたのだということに気づくのです。
●今日の聖書の箇所でパウロは「わたしは・・・既に完全な者となっているわけでもありません・・・後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ走るだけだ」と語ります。また「わたしたちは到達したところに基づいて進むべきです」とも述べています。パウロは自分の不完全さを認めた上で、常に「今」から、更に前を向いて歩むことが大切だと励ますのです。 ●内村鑑三は札幌農学校の学生時代に洗礼を受けますが、その後も自分の信仰について、また結婚生活で悩みます。そして逃げるように米国に渡ってきた後に大きな心の変化「回心」を経験するのです。当時、アーモスト大学の総長であったシーリーとの間に、有名な「植木鉢の教え」という逸話が残されています。
自分の弱さで家庭は崩壊し、悲惨な現実を抱えながら日本を離れて、アメリカまで逃げ、キリストへの信仰というものが分からず悶々と悩む内村にシーリーは語りました。
「内村、君は自分の内側ばかりを見るからいけない。君は君の外を見なければならない。なぜ自分のことばかり気にする事をやめて、十字架の上で君の罪を贖ってくれたイエスを見ようとしないのか。君のしているのは、こどもが植物を鉢に植えて、その成長を確かめたくて、毎日その根を抜いてみているようなものだ。どうして、それを神と日の光に委ねて、安心して君の成長を待たないのか」
シーリーは私達は皆、成長の途中にある。暖かく全てを照らし包み込む太陽のようなイエスキリストの十字架の贖い、愛に目を注ぎ、それを日々思い、感謝をもって生きる所に、必ずや成長があるのだと告げたのです。
●私達は時になかなか、弱い自分を受け入れ、許すことができません。「歌を忘れたカナリア」のように自分自身に誇りを持てず、自分の弱さや過去に縛られ悶々と生きるときがあるように思います。しかし、そんな私たちに神様は「悔い、悩みつつ、精一杯生きている、そんなあなたを私は赦した。十字架を見なさい、そしてあなたも自分を赦してあげなさい」そう言ってくださるのです。
十字架は神がその愛するひとり子を捧げて私達を赦したその愛と赦しの印なのです。