2016 2月7日 「霊的な筋肉の養い」 デイヴィッド・コウ

ルカによる福音書3章10-12節

「霊的な筋肉の養い」デイヴィッド・コウ牧師

私たちは皆、長く、元気で、かつ幸せな人生を送ることを望んでいます。私たちは、それをたびたび「健康的な人生」と呼びます。しかし人々が人生を健康的に生きる、また心身共に健康に生きることを語る時に、その霊性(スピリチュアリティー)について語られることはほとんどありません。人々は、身体的な健康または感情面での健康にのみ興味を持ち関心を払います。しかしそこで霊性は人間の健康とはまるで無関係であるように扱われているのです。
昨年、私は2つの運動クラスに参加しました。ひとつは「コアスタジオ」というもので、芯となる筋肉の育成を助けるエクササイズでした。そこで「心、体、そして芯」と大きく書かれた文字を見ました。私は「心、体、そして霊ではないの?」と不思議に思いました。数ヵ月後にもう一つ別の運動クラス、屋内サイクリング「ソウルサイクル」に参加しました。彼らのサイクリング方法は他のものとは異なり、照明を暗くしたスタジオでインストラクターがメッセージを語り出し、それを聞きながら運動するというものでした。彼らが提供しているのは肉体の改善ではなく、魂の改善の為の運動だったのです。ですがやはり、霊的な部分は見つかりませんでした。
人間の霊性に対する応答の一つがその存在を無視することであるならば、もう一つの応答は、霊的な世界を空想することまたはそれを非常に非現実的で恐ろしいものとして捉えることです。最近の最も人気のある映画やドラマは、何らかの方法で霊的な世界が扱われています。それらはすべて未知の霊的な世界についての話であり、闇の悪の力と善の力との間の戦いについての話です。これらは、霊性というものがただの空想か、または非現実的なものであると私たちに理解させます。もし私達が人間の霊性について全く関心を持たないか、またはそれを神秘的なカルトとみなすのであれば、私達は人間の命の全体を完全に理解することは出来ないのです。
バプテスマのヨハネは、いわば、その時代の人気の霊的なフィットネス・トレーナーだったと言えるでしょう。この聖書箇所は、群衆がバプテスマのヨハネの後を追って彼に尋ねたところから始まります。「私たちは、[霊的に健康になるために]どうすればよいのですか」
ヨハネは「着物を二枚持っている者は、一枚も持たない者に分けてやれ、食べ物も同じようにせよ」と答えました。
霊的な筋肉を造ることへのヨハネの最初の提案は「分かち合うこと」でした。次に徴税人が尋ねました、「先生、私たちは霊的に健康になるために何をしなければなりませんか?」それに対する答えは「規定以上のものは取り立てるな」、別の言葉で言い換えれば「よくばるな、そしてあなたが持っているものに満足せよ」でした。霊的な実践の二つ目の規則は「満足せよ」ということですした。次に、ローマの兵士が「私たちが霊的に健康になるためにどのような運動をすることができるのか」と尋ねます。ヨハネは「誰からも金をゆすり取ったり、だまし取ったりするな。自分の給料で満足せよ。」と答えます。1世紀、ローマの兵士がしばしば権力を用いて人々を不条理に苦しめている現実がありました。そこでバプテスマのヨハネは彼らに言ったのです「あなたがたの力を濫用するのでなく謙虚に生きなさい」。
今年一年を通して、あなたの霊性(スピリチュアリティー)の為にこの3つの規則をぜひ実践して下さい。「余っているものを分かち合うこと」、「あなたが持っているもの、そしてあなた自身に満足すること」そして「思いやりをもって、謙虚に生きること」。身体的なトレーニングと健康的な規定食の結果、私達は身体的な健康を得ることができます。霊的なトレーニングの結果は、あなたの人生において、愛、喜び、平和、忍耐、親切心、優しさ、誠実さ、寛大さと自制心を養うことができるでしょう。ウェスレー教会の2016年のテーマ「より深みへ(Go deeper)心と体と霊において」のように、より深みへと進みましょう。
心と体と霊と共に。