2015年 2月22日 「虹の契約」

2月22日 主日礼拝説教要旨
「契約の虹」山本一牧師
創世記 9章8~17節

戦争の続く中東でジャーナリストとして活動し、命を奪われた後藤健二さんはこのような言葉を残されました。「目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。それは祈りに近い。憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。―そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった」。彼は「アラブの兄弟」つまりイスラム世界に生きる人たちの中に「平和の教え」を発見したのです。イスラム教は本来「平等と平和を求める宗教」です。人も自分も傷つけてはいけない。ジハード(聖戦)という言葉も、不可避な防衛の戦争のみで、非戦闘員への攻撃は禁止、捕虜の人道的扱いも規定されているというのです。
けれども歴史を振り返れば、多くの宗教が平和の教えを持ちながら血で血を洗うような争いを生み出してきました。何故でしょうか?それは、先の言葉に反して人は「神に代わって私が悪を懲らしめなければ」と強く思ってしまうからではないでしょうか。しかし、本当にそのような方法で世界が変わるのでしょうか?神様の本当の思いは一体・・・?

●今日の聖書は創世記の「ノアの箱舟」の物語の一部です。神が洪水で堕落した世を洗い流され、ノアとその家族、また動物を箱船に入れて救われたという有名なお話しですが、この物語の最後の場面で、神様は自分のされた事を思い直され、人間とまた全ての生き物と契約を立てられるのです。「私は、あなたたちと・・・契約を立てる。私があなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされる事はなく・・・」

 神様はこの契約の徴として「虹」を用意したとあります。虹という言葉はヘブライ語で「弓」です(英語でもrainbow=雨弓)。虹の丸くなった半円を古くから人は神の弓「ケシェト」と呼んだのです。


「神が雲の中に虹(弓)を置かれた」という言葉の意味は、神さまが地上の全ての存在に対して、自らが持つその武器を放棄したという事を表しているといえるでしょう。人間が悪いからといって暴力的に滅ぼすようなことを「わたし」神はしないという宣言なのです。そして神はその代わりに独り子であるイエス・キリストを世に遣わしたのだと告げるのが新約聖書です。

●新約ヨハネ福音書3章には神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためだ、とあります。
神様なら、悪い心を持っている私たち人間を裁くために天の武力、軍隊を天から派遣できたかもしれない、けれども「虹の契約」をされた聖書の神様はそんな事はされず、ただイエスをこの世に示されたのです。イエスさまは神の子でありながら受難、苦しみに会われたと聖書は告げます。イエスさまというお方は「私が神に変わって裁かなければ」といきり立つ人間の中で、静かに、優しく愛と赦しを持って十字架の苦難の道を歩まれたのです。冒頭で「目を閉じて、じっと我慢・・・」というアラブの方々の言葉を紹介しましたが、まさにそれはイエスの歩みだったのではないでしょうか。

●神さまは武器や暴力、憎しみではこの世も人も変わらない。「愛」や「優しさ」でしか変わらない事をご存知で、イエスさまというお方を示されたのでしょう。

怒りや憎しみ、妬みを興さない人はいません。そんな私たちに神様は言われるのです「そんな弱いあなたを、私はわかっている。でも、そんなあなたを私は決して、滅ぼさないですよ」ただ、私の遣わしたイエスさまにすがっていったらいいんですよ。「深い愛をもったイエスさまを思って、あなたもまた祈っていくなら、忍耐していくなら、必ずや心の底から変えられて、イエスさまの愛と共にこの世で生まれ変わった命を私たちは生きることができる。そして、この世もまた変わるだろう」。そう神様は約束して下っているのです。共にこのことに希望をもってまいりましょう。